ブログ

flier(フライヤー)を使う意味はある?|要約を活かす方法をまとめました

スポンサーリンク

flierという要約サービスをご存知でしょうか?

 

flierについてザックリ伝えます

会員数は100万人を目前にしています

上場企業は福利厚生に含んでいます

1冊の本を頭から読む前に、10分の要約を読むと

要点を知った上で、今読むべき本を深く理解できます

 

人は理解するまで、行動に移せません

今までそのスピードをあげることは

難しかったかもしれません

 

成長したい人ほど、flierは役立ちます

その理由は、本を好きになることに繋がり

結果的に人生が楽しくなるためです

 

  • 本が嫌い
  • 理解できない
  • 本を選べない

こんな人は、flierを使ってみてください

 

flier(フライヤー)とは?

flierは、1冊の書籍要約を

人気のヒミツは、10分で読める要約がようにまとめた

提供しているサービスです

 

会社概要は下記の通りです

  • 2013年に発足
  • 2019年からデジタル広告を本格化
  • 2020年4月にテレビCMを開始
  • 2021年の会員数は89万人
  • 2022年5月現在 累計会員数94万人

 

要約は読んで聴ける2つの仕様を選べる上に

アプリ1つで管理できるため

スマホだけでまとめられます

 

flierは本の要約アプリ

本を要約から読むと3つのメリットがあります

  • 全体像を理解できる
  • 読んで理解が深まる
  • 聴いて記憶に刻める

1冊の本を読むために、使った時間は多いけど

あまり理解していない

こんな悩みを、読む前からサポートしてくれます

 

その一方で、読書を苦手とする人は一定数います

そのため、本を要約から読み始める

flierは読書が身につくキッカケを掴めます

 

スキマ時間に1冊読める

本を1冊読むには、1週間かかるかもしれません

その一方で、10分で1冊まるっと読めるflierの要約は

スキマ時間を上手く使うことを体で覚えられます

 

知らない道は、ゆっくり進みます

ただ、一度知った道はすぐ進める上に

簡単に戻ることもできますよね

 

flierは復習をするサービスです

大事なことがまとまっているため

すでに知っている感覚は、楽しい読書に繋がります

 

ジャンルに特化したライターさんがまとめた要約を読める

本の要約は、Amazonや読書メーターで読めます

この2つ以上のクオリティを求めるなら

flierをおすすめします

 

flierの要約は、ジャンルに特化した専門家が

本を読んでまとめています

つまり、どこの誰が書いたレビューを読むより

正確な内容がまとまっているのは明らかです

 

たとえば、専門店が提供する生鮮食品以上に

美味しいものを、スーパーでは買えません

圧倒的な品質は専門店が取り扱っています

 

1冊の本を読んで、聴くことができる

本は理解してなんぼです

しかし、理解するまでが難しいと感じませんか?

 

flierの要約は、全体の流れを知るために役立つ上に

読み聴きすることで、染み渡るように身につき

次の行動に移せます

 

今読むべき本が厳選されている

本屋の平台には、今読むべき本が積まれています

ジャンルは、ビジネスパーソン向けで占められていますが

実は、入れ替わりが激しいため

良書を見逃すことが増えてしまうのです

 

flierは2つの理由で、そのあたりもカバーできます

  • 2,900冊以上の要約がある
  • 毎日1冊要約が加わる

 

過去の本も振り返って読めるため

良書に出会うタイミングは

自分で選べる時代になりました

 

ビジネスパーソンに向けの本が多めの印象

flierの特集カテゴリには、ビジネスパーソンに役立つ

内容が書かれた本が目立ちます

 

たとえば、説明術本のテッパン3冊を見てみましょう

  • 説明の一流、二流、三流
  • 「説明が上手い人」がやっていることを1冊にまとめてみた
  • 一番伝わる説明の順番

自分の気持ちを相手に伝える「説明」は

相手の状況に合わせほうがスムーズに伝わります

 

1冊目にはこんなことが書かれていました

たとえば、説明の内容を組み立てるとき。「結論から話す」は説明の基本ですが、説明の内容を組み立てるときに結論から考え出すのは「二流」だそう。

引用元:説明の一流、二流、三流|本の要約サイトflier(フライヤー)より

 

続きは要約を読んでみてください

常に主体的に動くことは大事です

>>特集|説明術本のテッパン3冊はコレだ!本の要約サイトflier

 

売れている本が10分で読み終わる

説明の一流、二流、三流は13万部売れました

いわゆるベストセラーというやつですね

 

しかし、ベストセラーの本は多くの人が読みます

逆に言うと、みんな知っていることと考えられます

 

なので、みんな知っていることは深く知る必要はない

と考えています

なぜなら、人と違う知識が新しいアイディアを生みます

 

とはいえ、1人でひねり出したアイディアが

すでに誰かが出していた。こんなこと避けたいですよね

 

つまり、ベストセラーこそflierで読んで

自分が読むべき本を取捨選択してください

 

上場企業が福利厚生に導入した理由

上場企業はflierを福利厚生に含んでいます

なぜ、そんなことをするか気になりますよね

 

端的にいうと、人は宝です

熾烈を争うのは、企業ではなく人ですよね

つまり、社員1人1人が企業のクオリティを上げるのです

 

上場企業がflierを使うポイントは2つあります

  • 「自ら学ぶ人材」が育つ最速のツール
  • 学びが見える、共有し合える

 

1つめは主体的な人を育てることに繋がります

人は、自分事のほうが行動しますからね

読書が楽しければ、進んで読み続け

能力を上げてくれるのです

 

2つめは閲覧状況がバレるような話になり

人によってはデメリットかもしれません

 

しかし、あの人はなんでできる人なんだ?

という疑問を解決できる指標にできるかもしれません

 

なぜなら、できる人は必ず本を読んでいます

自分の枠から出てこそ、アイディアが浮かぶのです

flierを使って、自分の枠を広げることも1つの手段ですね

>>flierを福利厚生に含んだ上場企業は他にもある|本の要約サイトflier

 

flier(フライヤー)を使う意味はあるのか?

要約を読むだけで、読書の効果が出ることはありません

1つやれば、全部OKなんてうまい話はないのです

 

そのため、flierは意味がない。と言われるかもしれません

ただ、何事も使い方が大切なことは

flierも同じです

 

flierを使う意味・意義・メリットについてまとめました

 

flierを使う意味|要約から読むと理解が深まる

知らない道を進む前に、頂上まで続く道を調べ

休憩場所、危険な場所を知っておくとは

登山において大切なことです

 

読書に置き換えると、本を読む前に書かれたテーマを

知っておくことで深い理解に繋がります

 

flierは読書のサポート機能と考えてみましょう

使ってみると、深い理解に気づきます

 

flierを使う意義|読書が苦手でも本への関心が高まる

flierを使う意義は、目的に置き換えてみましょう

そのほうが簡単です

 

本を読む目的は、知識と教養を身につけるためです

こんな当たり前のことは、誰でも知っていますが

過去を振り返って思い出してください

 

学生時代は、教科書という専門書で学んでいきますよね

実に効率がいい方法だったはずです

しかし、一定数はそのせいで本が嫌いになります

私もその1人でした

 

大人になると、自由が故に

本を読むメリットを忘れている人が多いのは事実です

 

それでは成長できないため

楽しい人生は100%実現しません

 

お酒を飲んでストレス発散しても、翌日は変わぬ現実です

仕事が上手く行かないことが原因です

本を読んで、自分の人生を切りひらきましょう

 

上場企業は成長させるためにflierを取り入れている

前述した、上場企業の福利厚生に含まれている理由と

同じく捉えてください

 

自由に使えることは、チャンスを増やすことに繋がり

結果的に、質が上がります

 

間口が広いため、誰にもチャンスがあります

 

つまり、知識や教養を身につけて、変わることができる

チャンスを広げられます

上場企業に入る価値は確かにあるのです

 

1日の平均読書時間が最も長い世代は20代男性で39.1分

世間に読書家はほとんどいません

それを裏付けた調査は、hontoというサイトで行われ

テレビにも取り上げられています

 

結論から言うと

1日の平均読書時間が最も長い世代は

20代男性で39.1分

となりました

参考元:あなたの読書時間、世の中と比べてみませんか?|honto

 

時間がある20代がこうなると

忙しい30代はもっと少ないと考えられます

 

flierを使うメリット|読書の扉を開いてみる

flierを使うと、本を好きになるメリットが生まれます

誰もが読書をしない理由は、楽しくないからです

 

なぜなら、近年はYouTubeやWebで

結論を知ることができますよね

あえて深掘りする理由がないのです

 

結論を知っているだけで

そこから何も生まれない

想像してみると、ちょっと悲しい現実です

そこから抜け出すために、読書の扉を開きましょう

 

読書は枠を超える手っ取り早い手段

何かの影響を受けると、マネをするかもしれません

そのため、ノウハウがまとまった書籍を読んだことは

何度かあります

 

でも、今はノウハウ本は読みません

今は長い間読まれている書籍を読む楽しみを知りました

 

人のノウハウは、1つの方法と言い換えられます

端的に言うと、ノウハウは生まれるのは経験したあとです

つまり、ノウハウを知った後には、必ず経験をしなければ

身につくことや、人生に活かすことはできません

 

経験することは、深掘りすること

分かりやすく言うと「なぜ、そうなったのか?」

と考える楽しみを、読書で作りましょう

 

本は1つのテーマを深掘りしたものであり

結論を分かりやすくまとめています

 

YouTubeやWebで知れないことを

本を読んで知ることで、深く知れるのです

 

flier(フライヤー)の評判と口コミは?

flierを使う前に、評判と口コミを調べました

 

flierの悪い評判と口コミ

まず、悪い評判と口コミをTwitterで調べてみました

 

 

 

 

まとめると

  • 月額料金が高い
  • アプリが使いにくい
  • 人により相性がある

など、システム面の悪評が多いかな。と感じました

 

アプリや相性は個人的には問題になりません

ただ、料金については少々難ありだと感じます

 

2,000円以下で平台に並ぶほどの人気のある本を

すべて読めるサービスを探しているなら

flierを使うメリットはあるでしょう

 

flierのいい評判と口コミ

いい評判と口コミもTwitterから調べています

 

 

 

 

まとめると

  • 全体像を掴んで読む前に理解度を上げる
  • ながら聴きをする
  • 時短になる

 

1つめは、ここまで私も主張していたことでした

けんすうさんと同じことが言えていた反面

ここまで具体的には使えていませんでした

是非参考にしてみてください

 

2つめの、ながら聴きは頭にいれた状態でやりましょう

頭の中で全体像を作っておいて

聴いて復習するイメージです

 

3つめは、夢の時短についてです

時間は重要ではなく、理解度が重要です

もっと言うと、行動に移せるくらいの理解度を

基準にしましょう

 

flierを利用した感想

flierは使い手の負担を減らしてくれるサービスです

本をまっさらな状態から読むより

全体像を知って読む方が、早く深く理解できますよね

 

分かりやすく、使い手を選ぶ。と言うこともできますが

要約を読む前に、上手い使いかたを知ったほうが

より早く深い理解を生むと考えらえます

 

ビジネス書を高速で身につけるために

5つの手順を実践してください

  • 本文より先にもくじ、著者情報、レビューを読みまくる
  • Flierなどの要約サイトでざっと理解
  • 「これが得れそう」という点を読む前にメモしておく
  •  本文を1時間くらいで時間決めてざっと読む
  •  オーディオブックで流し聞きする

 

flier(フライヤー)で読む1冊まずはコレ

flierの要約本数は、2,900冊以上あります

その中から探す手間をなくすために、まずコレを読んで

欲しいと思います

 

ベストセラーは要約で十分と言いました

ただ、メモの魔力は読んでください

 

「メモの魔力」で主体性のメリットを知ろう

クリエイティビティとは、事実を知ったあと

どうアクションしていくか?が重要です

 

つまり、知った後にどう行動するのか?ということ

メモの魔力は、メモの取り方を主体にして

分かりやすく手順を解説しています

 

  • アイディアを生み出すメモの書き方
  • 「抽象化」で事実をアイディアに変える
  • 具体的な基準を日付・概要・標語でまとめる

などが書かれています

 

また、著者が取ったメモを書籍の終わりに掲載し

簡単なリストを元に、自分を探る方法を伝えて

くてれいました

 

ノウハウは知った後に、経験しなければ意味がない

と前述した根本は、このメモの魔力から生まれました

 

たとえば、理科の実験も同じです

どうなるか考えて、実験して確かめます

これは科学のルールです

 

つまり、どんな世界同じなのです

知った後に、どう行動するのか?が行き先を決めます

そういう意味では、flierを使って早く深く読むことで

次のステップに進みやすくなることは、明白です

 

flier(フライヤー)登録の流れ

最後にflierの使いかたを解説して終わります

簡単な2つの手順を踏むだけです

  • アカウントを作る
  • 要約を読んで聴く

以上です

これに加えて、アウトプットをすれば完璧ですね

 

続いて、登録に関する補足をまとめます

 

プランが3つある|ゴールドプランがおすすめ

flierを使う前に、3つのプランを知っておきましょう

まとめると

  • プランによって、読める要約の冊数が違う
  • 読みたいけど、読めない要約も存在している

 

ただ、ゴールドプランの無料体験を利用すれば

すべて読めます

 

次は、ゴールドプランを無料で試す方法をまとめます

 

アプリからゴールドプランの無料体験はできない

flierのアカウントは、Webがおすすめです

ゴールドプランの無料体験はWebからのみです

理由は分かりませんが、アプリからはできませんでした

 

なので、ゴールドプランの無料体験は

Webから申し込みましょう

 

恐らく、ほとんどの人はまだflierを使うことに

必要性を感じていないと思っています

 

そのために、無料期間を駆使するべきだったと

登録時の自分に伝えたいと考えています

 

>>flier|ゴールドプランの無料体験

コチラからどうぞ

 

8日目の解約はWebから申し込もう

flierの解約・退会方法についてまとめます

ゴールドプランの無料体験をしたあとも

要約を読みたい人は、解約を選びましょう

 

今後flierのサービスはもう使わないな

こんな人は、退会を選んでください

 

分かりやすく言うと

解約はデータが残ります

すべて消えるのは大会です

 

ちなみに、ゴールドプランの無料体験中には

本の要約をPDFで保存できます

 

flier(フライヤー)の質問まとめ

flierのよくある疑問をまとめます

 

Q|フリープランで閲覧できるコンテンツは何ですか?

フリープランでは、「無料で読める要約」と特集をお読みいただけます。

「無料で読める要約」は月に1度コンテンツの入れ替えを行っております。ぜひご覧ください。

 

Q|どんな人が要約をまとめているの?

フライヤーのライターは、各分野に精通した専門家や大学教授が編集しています。

ライターのプロフィールは、各要約ごとに公開されており、詳細はそのまま確認できます。

 

Q|無料と有料はどう違うのですか?有料要約を読むと追加で支払いが必要でしょうか?

要約は無料と有料の2つがあります。

シルバープランまたはゴールドプランの方は無料・有料どちらも閲覧できます。

※プランによって読める冊数は変わります

フリープランの方は無料のみ閲覧できます。

 

まとめ|flier(フライヤー)を上手く使おう

flierが画期的なサービスなのは、3つの理由があります

  • 読書が好きになる
  • 取捨選択の明確な基準ができる
  • インプットとアウトプットの連鎖が生まれる

この流れに乗ると、人は確実に成長します

 

flierは読書のスタートダッシュをかませます

  • 全体像を理解し、要点を知る
  • 知った上で本を読む
  • 深く理解するスピードが上がる
  • 行動に移す回数が上がる

人生は必ず好転します

 

試しに、ゴールドプランを使って見ましょう

行動した先に、結果が待っています

 

>>flier|ゴールドプランの無料体験

コチラからどうぞ

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

まにゅ

『酒さを改善する』をテーマにブログを始めました。 改善方法は実体験を元にまとめられた、誰でもできる簡単な方法です。 サブテーマは『ランニング』と『悩み解決』について更新中です。 サクッと知りたい方は、下記プロフィールをご一読下さい

-ブログ
-,

© 2022 酒さから始まる、アフターライフ Powered by AFFINGER5