ランニング

2022年心拍計を買う前の疑問解決|10機種のおすすめを比較

2022年6月8日

スポンサーリンク

 

ランニングの成果を数値化できるハートレートセンサー

自分の心拍数を、測って残せる優れものを身につけるだけ

ただ、精度が悪く、異常な心拍数が出るデメリットも

 

実は正しい使い方と設定さえすれば、問題は解決します

胸ベルトか光学式心拍センサーを選ぶことは重要です

 

ランニングにおすすめのハートレートセンサーと

異常値が出た時の対処法などを紹介します

 

ハートレートセンサーとは?メリットとデメリット

ハートレートセンサーは胸、腕、手首のどこでも測れて

運動中の心拍数が、数値化される便利なデバイス

私は主に、ランニング中に使っていますが

サイクリング、ジムトレーニングなど

使うシーンを選ばず、いつでも心拍数が残せます

 

ハートレートセンサーを使うメリットは?

プロのアスリートと同じように、心拍数を見える化できる

便利なハートレートセンサー

すべての運動中の心拍数を知ることは便利ですが

たとえば、減量中の有酸素運動に適した負荷を

数字で見て判断できます

 

つまり、こんなことが1人でもできちゃいます

あなたに適した有酸素ゾーンを教えてくれる

がむしゃらな運動は減り、効率が上がる

胸ベルトを巻くだけでスマホと連携できる

 

デメリットはある?

使わないことで数値が分からないことは

デメリットと言えるでしょう

 

計測方法は胸・腕・手首の3か所から選べます

安定して精度が高いのは胸です

運動は集中して行い、それ以外のことは

信頼できるデバイスに頼りましょう

 

胸の計測精度が高い理由は、後述しています

 

ハートレートと脈拍の違いは?

表記はカタカナや漢字多く、分かりにくいですね

  • 心拍計
  • 心拍センサー
  • 心拍モニター
  • ハートレートセンサー

以上の4つはすべて同じものと考えて、問題ありません

 

ランニングには「胸ベルト」のハートレートセンサーがおすすめ

初めてのハートレートセンサーは胸ベルトがおすすめです

なぜなら、計測精度が高く、使い方も巻くだけでOK

 

服の下に身につけるため、厚着をしても問題はなく

季節を問わず使えます

 

胸ベルトは電極パッドで測定するため

デバイスの価格差があったり、ブランドの信頼度は

人により気になるポイントだと思います

ただ、使った経験で言うと、差はないと感じました

 

Garmin|ガーミン HRM-Pro

Garmin HRM-Proは、 Bluetooth接続を追加し

正確な心拍数データ、ランニングダイナミクスを含む

主要な機能を備えています

 

大きな特徴は、Garminの時計がなくてもデータを残せて

後で同期できてしまうこと

50m防水で水陸両用のため、トライアスロンでもOK

これが最強のハートレートセンサーです

  • 通信規格|Bluetooth、ANT+
  • 重さ|49g
  • 電源|電池式
  • Amazon心拍計ランキング|37位


Garmin|ガーミン ハートレートセンサー HRM-Dual

1つ前で紹介した、HRM‐Proと比べると分かりやすいです

具体的な違いは3つあります

  • ランニングダイナミクス機能はない
  • 50m防水はない
  • ランニングウォッチは必要

以上がなくてもいいよという人におすすめです

 

Garminのランニングウォッチとの同期はほぼカバー

念のため、購入される際は1度確認しておきましょう

対応デバイスはコチラから確認できます

  • 通信規格|Bluetooth、ANT+
  • 重さ|54.4g
  • 電源|電池式
  • Amazon心拍計ランキング|12位


2022年最新のハートレートセンサーにしがらみは関係ない

次に紹介する3つのハートレートセンサーは

すべて中国のブランドです

 

あまり良いイメージを持つ人は少ないかもしれませんが

ただ、状況は大きく変わってきています

特にハートレートレートセンサーを安く買いたい人は

注目してください

 

差がない理由はシンプルにです

まず、BluetoothやANT+などの通信規格と

電極パッドの部品類に、ブランドの差はありません

つまり、高品質なものを安く買えるチャンスです

 

納得して買い物をしたいため、ウソレビューを見抜く

サクラチェッカーの評価も参考にしました

 

XOSS ハートレートセンサー

Xiaomiで展開されている、ヘルスケアブランドに含まれた

XOSSのハートレートセンサーです

 

ハートレートセンサーでできることは全てカバー

ランニングウォッチ、ランニングアプリ

サイクルコンピューターなどすべての互換性があります

起動は音でお知らせしてくれます

IP67の防水防塵で、水泳以外は問題ありません

これはこれで最強です

  • 通信規格|Bluetooth、ANT+
  • 重さ|20g
  • 電源|電池式
  • Amazon心拍計ランキング|9位
  • サクラチェッカーの評価|4.9:合格


Magene H303 ハートレートモニター

Mageneは中国のスポーツブランドです

室内外の運動器具を取り扱っています

 

先進的な心電図測定システムで

精度の高いデータが取れる

自社開発のアルゴリズムで発汗による干渉を

最小限に抑えています

 

ハートレートセンサーの精度は問題なさそうですが

Amazonのレビューがないため

無理に買う必要はないかもしれません

  • 通信規格|Bluetooth、ANT+
  • 重さ|16g
  • 電源|電池式
  • Amazon心拍計ランキング|30位
  • サクラチェッカーの評価|4.9:測定不可


CooSpo ハートレートセンサー H6

CooSpoもMageneと同じく中国のスポーツブランドです

取扱いのある商品も多いため

違いはほぼないと考えられます

 

一方で、レビューとランキングが気になるところ

Amazonの心拍計ランキングは4位となり

レビュー数も2,475件もありました

ただ、サクラチェッカーの評価は

危険とされている製品です

  • 通信規格|Bluetooth、ANT+
  • 重さ|55g
  • 電源|電池式
  • Amazon心拍計ランキング|4位
  • サクラチェッカーの評価|1.84:危険


私はハートレートセンサー CooSpo H6を使っています

190㎞くらいランニングして、問題なく使えて

無駄遣いなく過ごせています

レビューやインプレは下記記事でまとめました

>>関連記事|CooSpoH6 ハートレートセンサーは安くても買いか?

 

胸ベルトのハートレートセンサーが精度が高いのはなぜ?

心拍数の測定は、胸・腕・手首でできます

ただ、3つも選べてしまうと迷ってしまいませんか?

簡単にできて、革新的な方を人は選びがちです

 

胸に巻くだけで計測できるのは、ほとんどの人にとって

簡単にできることです

ただ、ハートレートセンサーは精度が命です

正確に測れなければ、使う意義はありません

逆にストレスを生む可能性もあります

 

人体の中で、1番鼓動が強いのは、心臓ですね

よって、胸ベルトの精度が高さは納得できる

と考えています

 

また、Garminでは光学式心拍センサーについて

不確かである。とホームページで公表しています

参考元:Garmin Japan|光学式心拍計の精度につきまして

 

技術の進化でなんでも数値化できるようになりました

ただ、昔からある方法でもいいことはまだ残っています

 

ハートレートセンサーは水泳でも使える

生活防水は基本搭載されているため

汗に長時間濡れても問題はありません

ただ、高い防水レベルを求めるなら

水泳で使えるハートレートセンサーをおすすめします

 

POLAR|ポラール H10 N

POLARはハートレートセンサーの精度が

業界トップクラスと高く評価されていました

ランニングウォッチも展開しているブランドです

 

ハートレートセンサーの基礎はもちろん

あらゆるデバイス、ジムトレーニング機器以上に

GoProと互換性を持っています

 

水陸両用のため、トライアスロンで使える

胸ベルトタイプのハートレートセンサーです

 

単体で利用できることはメリットですが

トレーニングの保存時間が1回と書かれおり

データの管理が面倒かな?と感じました

  • 通信規格|Bluetooth、ANT+
  • 重さ|58.97g
  • 電源|電池式
  • Amazon心拍計ランキング|18位


POLAR|ポラール 光学式 心拍センサー

こちらのPOLARは

腕バンド式ハートレートセンサーです

 

一見すると、同社の胸ベルト式と変わらなそうですが

こめかみで計測できることが革新的です

 

アームバンド式は光学式心拍センサーのため

LEDが搭載されています

普通は2つのところ、POLARは6つもあり

信頼性の高い心拍測定ができそうでした

  • 通信規格|Bluetooth、ANT+
  • 重さ|17g
  • 電源|充電式
  • Amazon心拍計ランキング|7位


光学式心拍センサーの仕組みは後述しています

 

2022年のハートレートセンサーはアームバンドが人気

腕に巻くアームバンド型は、光学式センサーで測定する

ハートレートセンサーです

たとえば、アップルウォッチも同じ計測方法ですね

ラクに測れるのが人気の要因でしょう

 

アームバンド型の注意点は2つ

  • 安価なものは精度が低い
  • 精度が高いものは高額である

 

価格が気にならない人にとって

服を脱がずに、手軽に装着できることは

胸ベルトでは得られないメリットです

 

Wahoo TICKR FIT

Wahoo(ワフー)は2009年にアメリカのジョージア州

で誕生した、ランナーとサイクリストのためのブランド

 

チームスカイの公式ハートレートセンサーを務めています

これは分かりやすい判断基準です

 

実はこのチーム、ツールドフランスのチャンピオンであり

レースに勝つための重要なデータを、Wahooが支えてる

その環境を私たちも身につけるだけで簡単に使えます

つまり、信頼性が高いブランドです

  • 通信規格|Bluetooth、ANT+
  • 重さ|45g
  • 電源|充電式
  • Amazon心拍計ランキング|ー位
  • サイクルコンピューター・GPS|12位


胸ベルトタイプの心拍センサーもあります


XOSS 心拍計アームバンド

XiaomiのXOSSには胸ベルトだけではなく

アームバンド式も用意されていました

 

胸ベルトと違いは3つあります

取り換え用のアームバンド

アームバンドならではの身軽さ

電源は充電式

以上はアームバンド式のメリットです

一方で、サクラチェッカーの数値が気になりました

  • 通信規格|Bluetooth、ANT+
  • 重さ|87g
  • 電源|充電式
  • Amazon心拍計ランキング|12位
  • サクラチェッカーの評価|1.80:危険


CooSpo 心拍計アームバンド

アームバンド式のハートレートセンサーは

CooSpoにもあります

価格帯も似ていて、デザインも似ている上に

サクラチェッカーの評価までも似ています

  • 通信規格|Bluetooth、ANT+
  • 重さ|54.4g
  • 電源|電池式
  • Amazon心拍計ランキング|11位
  • サクラチェッカーの評価|2.40:危険


光学式心拍センサーはLEDの数が決め手かも

光学式心拍センサーの仕組みは

LEDを照射し反射した量で計測します

参考元:サイバネットシステム|光学式心拍センサーの設計

 

つまり、こう考えることもできます

LEDの数によっては、光学式心拍センサーの精度を

上げることになるかもしれません

 

前述したPOLAR|ポラール 光学式 心拍センサーには

6つのLEDがあると、商品ページで強調されており

CooSpo 心拍計アームバンドは2つです

 

サクラチェッカーの評価が高い、Wahoo TICKR FITの

LEDは2~4つ程度でしょう

 

考えても答えはでない上に

光学式センサーは胸ベルトより高額です

精度、値段を考えるとハートレートセンサーは

胸ベルトをおすすめします

 

BluetoothとANT+の違いは?

今回紹介したハートレートセンサーには

BluetoothとANT+が搭載されていています

 

ANT+は2つのシステムと互換性があります

  • サイクリングのペダルシステム
  • ジムのエアロバイクなどの器具

Bluetoothはお馴染みの通り、スマホと互換性があります

 

いずれも、計測データを送るために使われますが

もし、ランニングだけでもいい。という人は

ANT+は不要です

 

Bluetoothでデータを受けるには、アプリが必要です

たとえば

  • Garmin Connect
  • Nike Run Club

以上のアプリを使って、詳細データをあつめられます

 

補足しておくと

Garmin Connectはランニングウォッチが必要です

スマホとハートレートセンサーだけで使うなら

Nike Run Clubをダウンロードしてください

Nike Run Club:ランニングアプリ

Nike Run Club:ランニングアプリ

Nike, Inc無料posted withアプリーチ

 

XOSSとCooSpoの違いは?

アームバンドの2つの製品は、とても似ていたため

違いを調べてみました

 

2つのブランドに共通していることは3つ

  • 中国ブランド
  • 室内外のサイクリングアイテム
  • ハートレートセンサー|胸、腕

以上が主要な項目です

 

かなり似ているため、どっちがいいの疑問ですが

Amazon内のホームページを見比べて

分かった違いを下記の表にまとめました

 

XOSS CooSpo
サイクルコンピューター
ケイデンス
ハートレートセンサー 〇|胸、腕 〇|胸、腕
アクセサリー ×

今回はランナーにおすすめのハートレートセンサーを

探す記事のため、項目の説明は省略します

 

XOSSのアクセサリーはロードバイクで使える

ライト、付属品、キャップなどを示しています

 

信頼度はいずれも胸ベルトが高く

Amazonのレビューとサクラチェッカーの差が大きい

アームバンドは選ばない方がいいと思います

 

仮に胸ベルトを検討するとしましょう

なにか参考例があると便利ですね

 

前述しましたが、CooSpoのハートレートセンサーH6は

私のインプレ記事を参考にしてください

安いのに全く問題ないことに驚いています

>>関連記事|190㎞走ったインプレをまとめました

 

使うときの注意点は?

ハートレートセンサーを使う注意点は2つ

  • 運動前に身につける
  • 接続を確認する

以上の確認は忘れずにしておきましょう

 

デバイスによって起動方法の違いもあります

  • 物理ボタンを押して起動するタイプ
  • 身につけるだけで起動するタイプ

2つめのタイプは慣れればスムーズに使えます

物理ボタンのタイプを使ったことはありませんが

操作しやすいことが高評価を受けていました

 

いずれにしても、接続の確認は必要です

ランニングならスマホやランニングウォッチを確認して

走り始めてください

 

異常な心拍数を計測したときの対処は?

ハートレートセンサーの中には、異常な数値でます

200以上は危険とされていますが

出るはずのない数字と言うこともできます

自分の最大心拍数を知りたい人は

下記の式で計算してみましょう

最大心拍数=220ー年齢

 

ハートレートセンサーの異常が出た時の対処法は3つ

  • 電池を抜く|電源を切る
  • Bluetoothを外す|再起動する
  • 電極パッドを拭く

以上を見ると、あまり具体的な方法ではありません

これは言い換えると、製品選びが重要となり

ハートレートセンサーは精度が命と考えるならば

胸ベルト選ぶ方が、問題はないと言えます

 

Garminのランニングウォッチならあなた仕様に設定を変えられます

Garminのランニングウォッチを持っている人は

今以上にハートレートセンサーの精度を上げられます

 

是非次のことを

Garminのランニングウォッチで試してください

  • メニュー
  • マイデータ
  • ユーザープロフィール
  • 心拍ゾーン
  • 規定値
  • 安静時心拍

もし、異常値が出たときにも効果的です

安静時心拍は1か月単位で変わる。と言われています

さらに、同じ環境で測りましょう

私は朝起きてから、1分間の脈拍を測ることにしています

是非お試しください

 

最短で成果を出したいならハートレートセンサーを使おう

ハートレートセンサーを使えば

あなたの運動が見える化します

 

デバイスを身につけるだけでできるため

誰でも簡単にできます

数か月後には効果を実感するでしょう

 

小さなことに気を取られてる前に

仕組みを作っておくと安心です

 

まとめ

ハートレートセンサーを10種を紹介しました

やはり胸ベルトで計測するタイプをおすすめします

ハートレートセンサーは精度が命です

精度が高いハートレートセンサーは胸ベルトでした

価格の差はありますが、性能の違いはほぼありません


運動できない理由の中に

運動神経がないことを気にすることが含まれていました

でも、運動はセンスがなくてもできます

運動神経がなくてもできることはたくさんある

誰でもできて運動神経が微妙でも体力のいらない8つの運動まとめ

  運動を始める時、何を選べばいいのかわからない こんな悩みは、簡単に解決できます   また、体力に自信のない人でも 必ず自信を持ってできるようになるヒミツは できることを集中して ...

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

まにゅ

『酒さを改善する』をテーマにブログを始めました。 改善方法は実体験を元にまとめられた、誰でもできる簡単な方法です。 サブテーマは『ランニング』と『悩み解決』について更新中です。 サクッと知りたい方は、下記プロフィールをご一読下さい

-ランニング
-

© 2022 酒さから始まる、アフターライフ Powered by AFFINGER5