ランニングー初心者ーあるあるーアイキャッチ

ランニング

ランニング初心者へ|月100㎞から得た気づき《あるあるまとめ》

スポンサーリンク

 

この記事はランニング初心者向けの記事です

 

こんにちは、mandonです

 

今回はランニングとジョギングを始める前に、いくつか疑問を抱えた初心者の方々へ向けて参考になるように記事を書きました

 

ランニングとジョギングはとっても手軽な有酸素運動の1つ、分かりやすく言うと「ランニングシューズ」があればすぐに始めることもできますね

この記事でわかることは次の通りです

 

  • 走り始める前に理解しておきたい「走る」ということについて
  • 具体的に必要なランニンググッズやアプリ
  • 毎月100㎞を半年続けた人の「マインド」がわかる

 

このように基本的な悩みはこの記事で解説できます

 

取組み方次第で高い効果と、長期間継続できるランニングとジョギングを新たに始めるチャンスです

 

mandoncomーランニングー実績

 

ランニングを始めると3つは良いことが生まれる

 

ランニングやジョギングは人類が生きるために行ってきた、最初の運動です。たとえ短い距離でも走ったことがない人はいないはずで、誰でも走ろうと思えば走れるでしょう

 

しかし、実際にランニングやジョギングに取組む前に「どんな効果があるのか?」について理解をしておくと運動の効果は飛躍的に上がります

 

過去の実験結果で「効果を理解して運動に取り組んだ人達」の効果は、「知らなかった人達」と比較して、運動効果が20%以上上がることが分かりました

とても簡単なことなので、サラッと理解しておきましょう

 

では、さっそく代表的な3つの効果を解説していきます

 

良いこと1つめ|痩せる

 

ランニングをしていれば「痩せます」

 

「ランニングやジョギングが痩せる」という嬉しい事実について、分かりやすく言葉にすると「摂取カロリー<消費カロリー」という状況を維持できれば、確実に痩せることができます

 

ご存じの通りランニングとジョギングは取り組みやすい有酸素運動として認知されており、誰でも気軽に取り組める「定番のダイエット方法」です

 

良いこと2つめ|健康に良い

 

ランニングとジョギングは「健康にも良い」働きがあることが、ハッキリわかっています

具体的には次の通りです
  • ストレスを解消できる
  • 心肺機能を強化し、心身ともに鍛えられます
  • 認知症にも効果がある

 

上記の中には「ストレスを解消できる」ことが分かっていますが、その仕組みを書籍から下記に引用します

まず、外部からの攻撃要素を察知すると、自律神経を調整する脳の部位「視床下部」の命令で、複数のホルモン(神経伝達物質)が放出されます。この中のひとつ「コルチゾール」というホルモンには抗炎症作用があり、ー中略ーこの状態が長く続くと、残ったコルチゾールが脳の海馬や扁桃核にダメージを与え、集中力の欠如、記憶の低下、不愉快な気分を生じさせてしまうというわけです。

引用元:走れば脳は強くなる|ストレス反応への仕組みより

 

上記の意味を簡単に言い換えると、有酸素運動をすることで「脳内のストレスの元になる物質を溜めこむことを避けられる」から、ストレスが溜まりにくくなります

 

良いこと3つめ|メンタルに効く

 

ランニングとジョギングは有酸素運動です。取組むことで体内の血液をスムーズに循環させることができます

 

少々マニアックな話ですが、簡単に言い換えると体内の臓器をリフレッシュすることが可能です

 

上記について具体的なメリットは「脳内の部位」を活性化することに繋がっていることが分かっています。特に脳への良い影響は、仕事のパフォーマンスを上げるにも繋がりますね

例えば次のような部位に効果があります
  • 軽めのランニングやジョギングでは、記憶を司る「海馬」が鍛えられます
  • 強めのランニングやジョギングでは「46野」が鍛えられます

 

46野ってなに?

脳内の部位をまとめた総称です。具体的には集中力や判断力に加え、思考力と発想力を指します

 

ランニングに必要なモノはこれだけ

 

ランニングに必要なものは、その他のスポーツと比較すると圧倒的に少ない上に、とっても経済的です

 

この章では「ランニングに必ず必要なもの」を先に3つ解説します

例えば次のようなものです
  • ランニングシューズ
  • ランニングウェア
  • ランニングを数値化するデバイス

 

以上の3つはとても重要な「走るためのアイテム」なので、ご自身に合うものをしっかりと選ぶことが大切です

 

ランニングシューズ

 

一般的に出回っているスニーカーでも走ることはできますし、普段から高性能なクッション性を備えたランニングシューズを履いている方も増えている印象です

 

しかし、ランニングを長期的に続けていく計画を立てた場合「ランニングシューズ」は一定のレベル以上のものを選ぶと良いですよ

 

なぜならランニングを始めた初心者ランナーの半数以上が、1年以内にケガをして「ランニングをやめてしまう」ことが判明しており、その中には「ランニングシューズ選び」について自信がない人が多いことも分かっています

 

一概にケガの原因を、ランニングシューズと言い切ることはできませんが、ランニングシューズは「ランナーがもっとも気を遣う道具」であり「選ぶのが難しいもの」でもあります

参考元:PRTIMES|【第1弾】 「コロナ禍における運動意識&ランニング障害の実態調査」より

 

ランニングシューズ選びに大切なのは「専門家に見てもらうこと」です。話が長くなるのでここでは要点のみまとめます
  • 足の形は人により違うので、数値で計測する
  • クッション性はもちろん大事です。しかし、最優先ではありません
  • 1万円以下で買えるものが大半だし、気にならなければ前シーズンのランニングシューズで全く問題なし

 

ランニングー初心者ーあるあるーFEET AXIS1

 

FEET AXISについて

Super Sports Xebioというスポーツ量販店で簡単に受けることが出来る上に、超高性能な計測機器です

足の形や歩き方、3Dで計測してアプリをダウンロードしておくだけで、いつでもチェックすることができます。さらに、Super Sports Xebioのアプリ上ではそのまま「足に合うランニングシューズ」をまとめて表示できるため無駄のない買い物が素早くできます

Super Sports Xebio|FEET AXISはこちらからどうぞ

 

ランニングウェア

 

ランニングウェアについては、特に定義があるものではないので、自分が気に入ったランニングウェアを着て走れば問題はありません

 

1つ補足するならば、加圧サポートのあるランニングタイツを着用することは、ランニングやジョギングを始めたばかりの人にとっては「走るための筋肉」を身に付けるまでに生まれるケガを避けることが出来るでしょう

具体的な作用は次の通りです

 

加圧サポートがあると不安定な脚を安定する脚に成長させることが可能で、ケガをしにくい脚に近づけることが出来ます。特徴は「履くだけでサポートしてくれる」ことです

 

とてもシンプルにメリットを誰もが使える加圧サポート機能をもったランニングタイツのデメリットは「高性能な加圧サポート機能のランニングタイツ」の値段が少々高いということです

価格はピンきりですが、国内外で様々なブランドがあります

 

そのなかではワコールが提供している「CW-X」は人気があります

ランニングー初心者ーあるあるーCWX

CW-Xとは?

もともと下着メーカーとして有名なワコールですが「肌に直接触れる技術」の知識は随一でしょう。生産はアジア圏の外国ですが、設計は信頼できる日本ブランドなので下手に外国製品を買うより安心して買うことができます

CW-Xのホームページはこちらからどうぞ

 

主にヒザと股関節周りをサポートすると、ランニングとジョギングを続けやすいので、CW-Xでおすすめのタイツはベーシックなタイプです

購入先はいろいろあるので選べますが、Amazonが楽ちんです

Amazonではちょっとおトクに2,000円近く下がっています

 

ランニングを計測するあれこれ

 

ランニングやジョギングを始めた時はあまり意味がない。と考える方もいるのかもしれませんが「データを記録しておくこと」はトレーニングをする上でとても重要なポイントです

 

日々続けていく中で調子がよい日や「どれぐらいの速さで走っていたのかな?」という疑問が必ず生まれます

 

その積み重ねは、ランニングやジョギングを維持するモチベーションにも効果があり、設定した目標を達成しやすくします

ここでおすすめするのは無料で使えるアプリが1つ、さらにわたし自身が使っているランニングウォッチです

計測には様々なデバイスがありますが、お手持ちのスマホでも十分計測は可能ですし、無料のアプリを使って記録をまとめておけます

初めからランニングウオッチを買うのはハードルが高いので、まずは無料のアプリで感触を確かめておきましょう

 

NIKE RUN Clubの無料のアプリで始めてみると良いです

手軽に計測出来て、様々な楽しみ方を見つけられます

NIKE RUN Clubはこちらからどうぞ

Nike Run Club

Nike Run Club

Nike, Inc無料posted withアプリーチ

 

個人的にはGarminのランニングウォッチをおすすめします

ランニングー初心者ーあるあるーGarmin

GarminはアメリカのGPS会社でGPSの精度が随一です。さらに、その高い技術を搭載した様々なデバイスを自社でデザインしているので利用中にシステムが落ちたりすることもなく、すべてのスマートフォンと連携ができます

 

その他におすすめする理由は次の3つです

  • 計測精度が世界一
  • ほとんどのランナーが利用している
  • どんなランニングウォッチより電池が持つ上に、シンプルで高性能です

 

実際に2年以上利用していますが、電池の減りも気になりません。加えて、物理ボタンが各モデルに搭載されてて便利です

液晶だけのランニングウォッチ以上に感覚的に使えるため、ランニングやジョギングにちゃんと集中できます

Garminのなかでも、ベーシックなモデルを利用しています

購入当時は2万円を余裕で切っていました。しかし現在はより高額になっているため、わたしの利用しているベーシックモデルより心拍センサーやSuicaが搭載されたモデルを選んだ方がよりお買い得です

 

補足しておくと、NIKE RUN Clubはすぐに使えて便利です。

しかし、1つだけ欠点があり「GPSの制度」が少々不安定です

詳しくは下記からどうぞ

Nike Run Clubアプリでランが完全に記録されていないのは ...

 

走るときには何を携帯するべき?

 

走るときに何を携帯するのかは普段からあまり意識していません

基本的な持ち物は次の通りです

  • スマホ
  • 小銭|古い自動販売機でも飲み物が買えます
上記の3つを、もう少し分かりやすく述べます。基準は普段走る10㎞を想定しました

 

水をボトルに入れてランニングをするのは、夏場のみです。容量は550mlを手で持って走っていますが、ボトルが入るウエストポーチを利用する時は、ハーフマラソンを走る時だけです

 

スマホは写真を撮ることと、一応緊急時を想定して持っておきます。SuicaやPayPayが利用できるので、遠出をしたとしても買い物をしたりご飯を食べることもできます

 

小銭は100円を1枚のみです。前述したSuicaやPayPayを利用することが多いので、最近はあまり必要性を感じていませんが、持っておくと電子支払いができない自動販売機でも水を買えて便利です

以上が普段のランニングで携帯している持ち物です

 

特に夏の時期は「エネルギー補給」のためにジェルやタブレットをポケットに入れておくのも忘れないようにしましょう

ジェルは「ランニング時のエネルギー補充」を目的とした食べ物です。ほとんどの製品が小さいので持っておくと便利です

 

まずランニングしてみる?

 

この章はランニングについて、より実践的に解説していきます。ほとんどの方は走り始める前に「走った時の辛さや、そのほかの問題」を考えがちですが、先のことは分からないので走ってしまうことが大切です

 

インプットも大事ですが、それ以上に大切なのはアウトプットです。最終的にあなたがやりやすい方法を見つけることがもっとも良い方法なので、まずは走り始めましょう

 

距離と時間を大雑把に決める

 

走る距離と走る時間は気になるところですね。どちらを優先してもあまり変わらないので自分の目的に合う基準を探すイメージで走り始めましょう

 

「初めは体調に合わせるのがベストです」と言っても、明確な数字の基準を設定しておきましょう

例えば次のような目標はいかがでしょうか?
  • 5kmを週3回
  • 走るペースは1㎞毎/5:30~6分
この設定理由を分かりやすく解説します

 

痩せることが目的の場合に大切なのは心拍数を保つことです。分かりやすく言葉にすると「少し無理して会話ができる強度」同じで、この数値は最大酸素摂取量65~80%という基準から表しています

 

痩せるために効果的な有酸素運動は、30分続けることが良いので距離は5㎞としました

 

1日のどのタイミングで走ると良いか?

 

ランニングとジョギングをする最適なタイミングはいつでも良いと思います。その理由は人により取り組める時間が限られているため、無理にスケジュールを組んでしまうと「そもそも、続けることが出来ない」という悪循環に繋がります

なので、ランニングやジョギングを始めたばかりの時は、時間い気にせず継続していくことを目指しましょう

 

一応補足しておくと、次の通りです

  • 朝のランニングは4:30~8時くらい
  • 夜のランニングは17~20時を想定

 

朝のランニングやジョギングは、脳と体にいい働きがあります。頭が冴えたり、上がった代謝を1日を通して引き延ばし、ダイエット効果を上げることにも繋がります

 

デメリットは時間が早すぎて始めたばかりでは辛いことと、関節や筋肉が起きていない状態で走り始めるとケガに繋がるので、ストレッチが必ず必要です

 

夜のランニングやジョギングのメリットは、時間がとりやすく運動後の成長ホルモンを利用して「筋力の維持」にも効果的です。デメリットは寝る前に走ると「カラダが起きた状態」が続いてしまい、寝つきが悪くなります

 

朝のランニングの注意点をまとめました

朝ーランニングー体に悪いーアイキャッチ
朝のランニングが体に悪い|圧倒的に良い意見のほうが多い

  この記事は朝のランニングが体に悪いと言い切れない理由を解説しています   こんにちは、mandonです Twitterもやってます⇒@mandonmy   今回は“朝 ...

続きを見る

 

走る場所はどこ?

 

走る場所はどこでも良く、分かりやすく「自宅付近」を利用しても良いでしょう。初めは「知っている道」のほうがランニングやジョギングに集中できるのでおすすめです

 

個人的なおすすめは河川敷などの「まっすぐな道」が続いて「なるべく信号がない」ランニングコースが快適に走ることが出来て良く、集中して走り切ることができあます

個人的に都内のビル群を走るのはおすすめしません

 

都内のビル群には先ほども述べたように、信号が多くあります。常に走っていることが心拍数をコントロールできます。よって、エネルギー消費をキープできます

 

その結果「痩せる」ことに繋がるので、近所を散策して走りやすいコースを見つけてみましょう

 

フォームと呼吸についての基本

 

フォームも呼吸もとても大事な要素です。呼吸が苦しいとフォームも乱れて余計苦しくなることがありため、まずランニング初心者の方は「呼吸から整える」ことを忘れずに意識を向けていきましょう

 

実際に走ってみると呼吸もフォームも上手くいかないでしょう。それは自然なことなのでどうしようもありませんが、苦しい時は「ペースを落とす」あまりうまくやろうと考えずに進めていくほうがおすすめです

 

どうしても「マラソンランナーのような早いペース」を目標にする方が多いせいか注目度が高いため、無理なペースを走ってしまう人が多く感じます

フォームの基本は次の通りです
  • 胸を張る
  • 目線は少し上
  • 腰を立てる
  • 脚は股関節から動く
  • 腕は前ではなく、後ろに引く
3,4つめを補足します

 

まっすぐ立った状態で、股関節を起点にして片足を上げ、前に体重を移動させます。徐々に重心が前へ移動するので前に傾き、脚を地面に着くと思います

 

これが正しい走り方で一番効果的な走り方です

 

膝を上げることや、足で着地する方法などがよく解説されていますが、それは「結果的にそうなった」話をまとめたわけで、そこまでたどるプロセスの理解が重要です

 

要するに「結果が間違い」という話ではなく、早く走る人の結果がその走り方だったということです

 

つまり、世界記録保持者のキプチョゲと同じ走り方をしても同じように走れない理由は、筋力や、体重移動の経験がないからできないわけですし、同じランニングシューズを履いたから、同じように走れるようになるわけではありませんよね?

 

呼吸のポイントは「自然に息をする」ことが大切で、分かりやすく言うと「息を吐く」方が大事です

 

なぜなら、肺にある酸素を一度出し切らないと、新たに取り込むことはできません。満員電車も降りないと乗れませんからね

 

夏の酷暑は超危険

 

ちょうど真夏のタイミングでこの記事を書いているので「真夏の危険」についても解説しておきます

 

真夏には「熱中症と脱水症状」を気をつけましょう

 

脱水症状をを防ぐには「水を飲む」ことが有効で、汗と一緒に出てしまう体内の大切な要素は、ジェルやタブレットで補給しましょう

 

しかし、熱中症を防ぐには、指標を使って判断する方法も分かりやすいのでおすすめです

 

WBGTって知ってますか?

WBGTという1954年にアメリカで作られた指標があり、主な目的は熱中症を予防するための分かりやすい数値をまとめたものがあり、とても便利です

湿度、日射、温度の3つから構成されるWBGTの数値は、オリンピックから地域のマラソン大会でも開催基準として利用されています

具体的な数値表は画像を参考にしましょう

ランニングー初心者ーあるあるー熱中症WBGT

画像引用元:環境省|熱中症予防情報サイトより

 

ホームーページでは数値以外にも、地域ごとに「熱中症警戒アラート」が発令されたかどうかを確認できます

熱中症警戒アラートのページはこちらからどうぞ

 

夏のランニングに関しての注意点は、下記の記事でより詳しく解説しています

夏のランニング|10つのポイント

夏ーランニングーしんどいーアイキャッチ
夏のランニングはしんどいな|快適に走る10つのポイント

  この記事は夏のしんどいランニングを快適に走る方法をまとめて解説しました   こんにちは、mandonです 夏のランニングはくれぐれも気を付けましょう 自分自身が夏のランニングを ...

続きを見る

 

ランニング終わりにしてほしいこと

 

この章ではランニングやジョギングが終わった後にすることをまとめています

 

ランニング終わりの行程は次の通りです

  • 呼吸を整える
  • ストレッチ
  • 水分補給や栄養補給
  • ランニングシューズのケア

簡単なことなので取り入れやすいはずです

では解説していきます

 

終わりのストレッチは大事

 

ランニングやジョギング終わりに呼吸を整えたら、ストレッチをしていきます。走るという行為は「全身を使う運動」となりますが、重要な箇所は主に腰から下の部分です

分かりやすく言うと5つの部位です

 

  • 股関節
  • 臀部/おしり
  • 太もも前面、背面
  • ふくらはぎ
  • アキレス腱

 

部位ごとのストレッチ方法は「Japanマラソンクラブ」のYouTubeが参考になるので一度見ておきましょう

 

「ランニング前のウォームアップ」

 

「ランニング後のクールダウン」

 

見よう見まねで取り組んでみると、自分自身のカラダの状態が分かります。そうすると、自然とカラダを動かす意識を持つもとに繋がり、ランニングやジョギングもすんなり始められますよ

 

ランニング後の食事について

 

ランニングやジョギング後には食事をしますが、できるだけ軽めのものを食べるようにしましょう

 

ランニングやジョギングで消費したエネルギーはどれくらいを予想していますか? 気落ちするかもしれませんが、ほとんどの場合があなたの予想より低いです

 

なぜなら「痩せるために走る」を目的とした人のほとんどが続けられないからです。それは「ダイエットに失敗する」と同義です

よって、上記のような場合にランニング後のドカ食いはNGなことが分かりますね

 

ランニングやジョギングで消費するエネルギーはほとんどの場合、予想より低いです。「痩せるために走る」のなら是非1日の消費カロリーを上げるような行動をしていくことが大切ですよ

 

下記の画像はGarminで計測しているわたしのデータです。走った日は1日の消費カロリー数が、走らない日に比べて明らかに高くなっていることがわかりますね

ランニングー初心者ーあるあるー1日の消費エネルギー

補足するとミドリが運動消費カロリーで、アオは安静時の消費カロリーを表しています。ひとめみても確認できますが「走った時のほうが、圧倒的に1日の消費カロリーの値が伸びているのがわかりますね」

 

ここからが本題です。ハッキリ言いますが、わたしはランニングで消費した栄養素をすぐに補給していません

細かく食事に関することを簡単に時系列で並べました

 

ランニングをする1時間前には食事をしておきます

  • バナナ半分
  • キウイ半分
  • リンゴ半分
  • 豆乳300mlくらい

を補給し、ランニング中と直後は水を飲むだけです

ランニング後には

上記の残り半分をヨーグルトと一緒に食べて、豆乳をもう一度飲んでおきます

 

あくまでも例なので好きなモノを食べることが良いと思います。しかし、口から入るものでカラダは作られているので「食べ物がカラダに与える影響」については知っておくこと良いですよ

 

「朝食や昼食を考える時間や、ランニング後の栄養素について学ぶのがかったるいな」と考える方は多く、そのために最適な栄養バランスで設計され、調理までされ手軽に食べられる方法を選ぶこともできます

MORE THAN DELI というブランドがいま一押しです

ランニングー初心者ーあるあるーMORE THAN DELI

画像参考元:MORE THAN DELI|公式Instagramより

》MORE THAN DELIについてはこちらからどうぞ

 

ランニングシューズを大切に扱う

 

ランニングシューズはランニングやジョギングで使う数ある道具の中で一番大事です。そのため、定期的にケアをしておきましょう

 

具体的なシューズケア方法を解説しておきますが、毎回する必要はありません。月に1回程度で十分ですし、ランニングシューズ用の洗剤なども必要ないと個人的には思います

 

なぜなら、ランニングシューズの素材には縫ったり、貼ったりしてできており、洗いすぎは劣化に繋がるからです

 

洗う際のポイントは「靴全体にぬるま湯をかけて、汚れを落とす」ような、やさしい洗い方をしてあげましょう

 

「汗などの汚れ」を落とすことが目的なので、特にブラシなどを使う必要はなく、手でもむ程度でも結構汚れは落ちます

 

ランニングシューズの耐久性は500㎞以上と言われており、買い替えの判断基準は靴底のソールがすり減った時でも構わないと思いますが、なんとなくニオイが気になるようであれば、靴の消臭剤を利用しましょう

おすすめは「グランズレメディ」一択です

ランニングー初心者ーあるあるーグランズレメディ

引用元:グランズレメディ|公式Instagramより

 

グランズレメディについて

ニュージーランドで生まれた、とてもパワフルにニオイを取る「粉タイプ」の消臭剤です

質感は片栗粉に似ており、一度使えば7~10日は十分持ちます

どんな靴のタイプにも利用できるため、これ1つあれば半年以上は持つでしょう。粉タイプなので靴下には少しつきますが、始めだけです

ボクシングのグローブや、野球のグローブなどの強烈なニオイも取れるほど優秀な消臭剤なのでおすすめです

グランズレメディかこちらからどうぞ

 

ランニングを長く続けていく方法

 

ランニングが楽しくて習慣化し始めるのは、おおよそ3カ月以内だと実感しています

 

期間の差は個人の取り組み方や取り組む目的と、掲げた目標によって違いますが、おおよそそれくらいです

 

その理由は「目に見える結果」が出てくる頃だと考えています。特に「痩せる目的」でランニングやジョギングに取組む場合は尚更ですね

 

この章では「ランニングを楽しむ」ことを軸に解説していきます

 

取り組む目的と掲げた目標について

 

ランニングとジョギングには次のような効果が挙げられます

  • 今すぐできる
  • 取組みやすい
  • 健康的な有酸素運動で、経済的良い

 

ここまでの解説で上記の3つについては理解されていただけたと思います。しかし、ハードルが低く取り組みやすい分「やめるのも簡単」です

 

つまり「やめないようにするにはどうするのか?」について考える必要があり、その答えは「目的や目標」をある程度明確にしておくことが良いでしょう

 

例えば「走るのは痩せるため」という目的があったとして「3か月後には10kg痩せたい」という明確な目標を着地点とします。その3か月の道のりが険しく感じるのは「走る」ことだけで達成しようとするからです

 

少し話を食事関連に向けます。簡単に言うと「太るのは食べ過ぎる」ことが主な原因で、細かく考えると「普段の食事」に焦点を合わせることになるでしょう。つまり、いくら走っても「食べ過ぎていれば瘦せません」だから成果が出ないのでほとんどの人は続かないわけです

 

「続かないのは、難しすぎる」からであり、言い換えると「できないことに、無理に挑戦する」とも言えます。誰しも「できないこと」は続きません。なので「方法を簡単にする工夫」をしていきましょう

 

こうすることで生活が全般的に改善されます。その結果「3カ月以内に10kg痩せたい」という目標に手が届くように感じられるはずです

生活に落とし込んでしまえば、めちゃめちゃ簡単で想像以上に続けられますよ

 

くれぐれもランニンググッズ集めにはまらないように……

 

ランニングやジョギングは取り組みやすさが売りの「効果的な有酸素運動」です

 

つまり「今すぐできる」ので他の運動よりダントツで経済的だと走る前から理解できます

 

お金や時間に余裕ができる分「ランニンググッズの買いすぎ」には気を付けましょう。この記事で解説してきたものの中にはあなたに必要ないものもあるかもしれません

 

その判断をするために「今すぐ走り始める」ことがとても重要です

 

走り始める前に道具をそろえるより、走り終えた後にそろえるほうがあなたに合う良いものをそろえることが出来ます

 

月に100㎞、6カ月続けてみて

 

もともと目的があったわけではなく、明確な目標もありませんでしたが「毎月100㎞を走り、6カ月」は思ったより簡単にできました。わたしができた方法をおすすめとして目標にしてもらうと参考になりやすいと思うので、ここでは簡潔に「変化したこと」を述べます

 

まず見かけはほとんど変わっていません。なぜならもともと走っていたので特に変化はしませんでした、しかし「カラダ中で脚はかなりきれいになった」と実感しました

具体的にはTwitterInstagramを参考にしていただけたらと思います

 

マラソンランナーや短距離走などの陸上選手のほとんどは「とても美しい足をしています」それは走ることから培われていおり、多少は骨格の問題もありますが普段の生活がベースになっていますよね

 

もう1つは「新たな目標」ができました

 

漠然とトレーニングをしていくよりは「目的と目標」を持つことが重要だと改めて理解できたので、今後の人生の取り組みとして続けていこうと決めています

 

それを達成していくことで「毎日が楽しく過ごせる」ようになります。言い換えれば「充実させるには、行動をする」ともいえるでしょう

 

ランニング初心者のあるある|まとめ

 

ランニング初心者のあるあるに関して「月100、半年ランナー」の視点からまとめた記事となりました

 

ランニングやジョギングは「生活を変える」ことが出来て「誰でも簡単に、経済的に取り組める運動」です

 

続けた先にはあなたの想像以上に、充実した生活が必ず待っています

 

是非この機会に取組んでみましょう「思い立ったら、すぐ走る」これが重要でなににでも繋がる大きな一歩です

 

最後までお読みいただきありがとうございました

おわり

 

スポンサーリンク

-ランニング
-

© 2021 mandoncom Powered by AFFINGER5