ランニング

徹底比較|ゲルカヤノ29の発売前に過去モデルからどんなアップデートを遂げたのか?

2022年7月27日

スポンサーリンク

 

この記事は、ASICSのゲルカヤノ29の疑問をまとめました

  • 発売日はいつなのか?
  • ゲルカヤノ28からの変更点は?
  • なぜ、ゲルカヤノ29を選んだのか?

こんなことが書かれています

 

ゲルカヤノシリーズはASICS史上

もっとも売れているランニングシューズです

また、初心者ランナーに向けと言われていますが

その理由はご存じですか?

 

ランニング以上にコスパが良く、始めやすい

ここまで自由な運動はまずありません

とはいえ、自己流になりやすくケガに繋がりやすいことは

ランニングの隠れたデメリットと言えるでしょう

 

自分の脚力でしっかり走れるまでは

サポート性を重視することをおすすめします

 

今回のゲルカヤノシリーズは29代目を迎えて

欠点のないランニングシューズに生まれ変わりました

 

ゲルカヤノ29を選んだ理由はケガをしないこと

ゲルカヤノシリーズは1993年に生まれた

ASICSのランニングシューズです

 

2021年に発売されたゲルカヤノ28は

世界で300万人が履いた、日々のランニングを支える

パートナーを担い、ASICSの認知度をさらに広げました

 

それから1年後、ついにゲルカヤノ29が登場します

最速で買えるのは、ASICSのオンラインストアです

 

メモ

2022年7月29日 10時に発売開始でした

追記|2022年8月5日現在Amazonでも購入できます

 

気になる変更点は3つあります

 

分かりやすく言うと

  • ニンバス24に使われた、心地よいクッション性の素材
  • GT-2000 10に使われた、ねじれ・過回内を防ぐ素材
  • GEL・ヒールカウンターは変わらず

 

要は、ASICSの人気シリーズのいいところを

ゲルカヤノ29にまとめてしまった。と考えています

特有のサポート性はそのまま引き継がれました

 

メモ

2022年8月5日現在、Amazonでも購入できます

Amazonで買うメリットは2つ

  • prime try before you buy対応|要は試し履きができます
  • 8月8日まで10%OFFクーポンが使える

 

個人的には、やはりサポート性に注目したいですね

過回内=オーバープロネーションを防ぐ仕組みです

 

ランニングは着地時に体重×3倍の負荷がかかります

メモ

3倍の体重を片足で支えるためには脚力が必要ですが

クッション性が強いランニングシューズは

いつまで経っても脚力を育てられません

さらに、片足で支える連続運動を続けるため

クッション性より、サポート性を重視したいところ

極論ですが、ランニングの脚力を養うには

裸足が一番良いでしょう

このテーマは重要なので、最後に深掘りしています

 

これからランニングを始める人やケガの多いランナーは

是非知って欲しい内容です

過回内(かかいない)|オーバープロネーションについて

>>コチラから解説に飛べます

 

まとめの最後に、私のことを簡単にまとめた後

ゲルカヤノ29の発売日や購入先の話を進めていきましょう

  • 毎月100㎞走って、18カ月経過→継続中
  • 193cm・83kgと大柄ですが、一切のケガなし
  • 幼い頃に右ヒザ・足首の大けがを経験
  • ハーフマラソン最高タイム|1:42:06

ランニングは簡単な運動です

一方で、その仕組みを理解して走り続けている人は

あまりいません


ゲルカヤノ29が手元に届きました

さっそく実走レビューもまとめています

ゲルカヤノ29のガチレビュー

ガチレビュー|ゲルカヤノ29がいいクツなのは間違いない

ゲルカヤノ29がやっと届きました 全体的なレビューと走ったインプレッションをまとめます タップしてもくじをみる1 結論|これからは毎年ゲルカヤノシリーズを買います2 ゲルカヤノ29についておさらい2. ...

続きを見る

 

ゲルカヤノ29は7月29日オンラインストアが最速

2022年の7月29日にゲルカヤノ29が発売されます

実店舗はアシックス直営各店・全国のスポーツ用品店で

8月10日となるため、オンラインストアが最速です

>>ASICS|ゲルカヤノ29はコチラからどうぞ

ASICSが考えた「フルマラソン完走をより身近にするシューズ」

今年で29代目を迎えるゲルカヤノシリーズは

1993年に生まれ、独自のサポート性が引継がれています

DYNAMIC DUOMAXGELがその証です

 

ASICSはゲルカヤノシリーズのテーマに

「フルマラソン完走をより身近にするシューズ」に

掲げています

 

42.195㎞を走るフルマラソンは

山手線を一周しても足りません

なんとか歩くことはできるかもしれませんが

走るとなると、話は変わりそうですよね

 

5㎞は走れても、10㎞は走れない主な理由は

下半身の筋力です

クッション性は脚の負担を和らげます

一方で、脚の筋力を使うためにサポート性が必要なのです

世界でも愛されたゲルカヤノシリーズ

ゲルカヤノシリーズの魅力は、履いてみないと分からない

と言われています

1993年の発売当時、国外で発売されたゲルカヤノは

デザインに関する問題を抱えていたそうです

 

メモ

個人的に「ASICSのダサさ」に共感します

特に、カラーリングのダサさは日本独特のもの

改善すれば、もっと売れるランニングシューズになると考えています

 

デザインなどがシンプルで、目立たなかった。とアメリカ

で苦戦する反面、履いた人には分かるゲルカヤノシリーズ

特有のサポート性は、今でも良い反響があります

 

  • とてもサポート性を感じる
  • トレーニングとても心地よい
  • 様々な関節を守る

こんなレビューがAmazonに掲載されていました

ゲルカヤノ28のレビューまとめ

国内のレビューも見てみましょう

ここでも、Amazonのレビューを参考にします

  • 履き心地がとても良い|走りやすい
  • 偏平足な人
  • クッション性が抜群

サポート性・履き心地は国内でも変わらないようです

 

とはいえ、悪いレビューはもちろんありました

  • 横幅が年々補足感じる
  • 4Eちょうどの人、エクストラワイドを買った方がいい

この声から、年々横幅が狭くなっている。と考えられます

 

メモ

ASICSの足幅は2Eが基準です

4Eのエクストラワイドもありますが、ゲルカヤノ29にも

もちろんあります

 

また、新たに発売されるゲルカヤノ29にも

起こりえる問題と考えれるため

買う前に、足幅を測っておくことをおすすめします

 

ASICSが公表している、足幅|ワイズを参考に

まとめた表をつくりました

メンズ・レディースに分かれています

 

メンズ 2E EX|エクストラワイド|4E
26cm 25.5mm 26.7mm
27cm 26.1mm 27.3mm
28cm 26.7mm 27.9mm
29cm 27.3mm 28.5mm
30cm 27.9mm 29.1mm
レディース 2E EX|エクストラワイド|4E
23cm 23.4mm 24.6mm
24cm 24mm 25.2mm
25cm 24.6mm 25.8mm
26cm 25.2mm 26.4mm
27cm 25.8mm 27mm

参考元:Mens 男性用・Womens 女性用|ASICS 足のサイズ測り方

 

足幅の測り方は簡単です

  • 床に脚をつける
  • 親指・小指の第2関節の間を測る
  • ひもで1周くくる
  • 数字を出す

 

2つ補足します

  • ひもの代わりにイヤホンのコードを使った
  • iPhoneの「計測アプリ」だけで測ると厚みは測れない

靴選びに幅は重要です

イヤホンとiPhoneがあれば簡単測れるため

ササっと測っておきましょう

29代目まで引き継がれたゲルカヤノの特徴とは?

新しい製品が出る時は、何かが変わっています

ゲルカヤノ29の変更点は、次の3つです

ゲルカヤノ29の変更点

  • FLYTEFORM BLAST PLUSで弾む
  • LITETRUSSで過回内をサポート
  • 厚みを増して軽量化

 

去年のゲルカヤノ28には、重さの欠点がありました

というより、毎年重さについては指摘されています

 

一方で、今回は快適性・軽量化に成功したようです

素材変更もありつつ、サポート性は引継がれています

ゲルカヤノ29|3つの変更点を深掘り

生まれ変わったゲルカヤノ29の変更点に注目して

まとめていきましょう

 

製品を深く知ることは、ランニングの質を上げて

足にとっても、いい影響をもたらします

ミッドソール上層部はより弾む素材に変更

ASICSの人気シリーズには、ニンバスがあります

2022年2月に発売された、ニンバス24に使用された素材が

ゲルカヤノ29に使われました

 

ニンバス24の特徴は、柔らかさと軽さです

FLYTEFORM BLAST PLUSがその特徴を支えており

今回のゲルカヤノ29に使われています

 

また、ニンバスには過回内|オーバープロネーションを

防ぐサポート性はありません

 

メモ

ニンバス24は、10㎞以内を走ることが目的・ジョギングを

習慣化したい人に向いているランニングシューズです


 

もっと長く、安定した走りがしたい人は

ゲルカヤノ29を選びましょう

DYNAMIC DUOMAXはLITETRUSSに変更

ゲルカヤノシリーズに長らく引く継がれてきた

DYNAMIC DUOMAXは、ついに変更されました

 

ASICSのGT-2000 10に使用されていた、同素材を使い

軽量化を狙ったと考えられます

詳しくはコチラをどうぞ


ランニングシューズの重量は、大事だと考えられます

ただ、アマチュアランナーは別です

 

なぜなら、長く走る筋力がないから

軽量化されたランニングシューズを活かしきれません

詳しくは後述します

 

プロのランナーが長距離を走るために

軽い靴を選ぶことはいい効果を生みます

 

メモ

GT‐2000 10は好タイムを狙えるランニングシューズと

言われています

 

今回のゲルカヤノ29は、サポート性を備えつつ

いままでデメリットとされてきた

重さを克服したランニングシューズとなりました

ミッドソールは2㎜増えて軽くなった

FLYTEFORM BLAST PLUSとLITETRUSSを使用し

ゲルカヤノ29は軽くなりました

ただ、数字は今のところハッキリしていません

 

とはいえ、重さも知りたいですよね

そこでNIKEで人気のある3つのランニングシューズと

前作ゲルカヤノ28の、比較表を作りました

モデル名 重さ
ゲルカヤノ29 300g
ズームXヴェイパーフライ ネクスト%2 191g
エアズームアルファフライ ネクスト% 207g
ズームフライ5 262g
エアズームペガサス39 250g

メモ

NIKEは26.5cmを参考にしました

ゲルカヤノ29は27㎝の重さです

前作ゲルカヤノ28から、8g軽量化されました

 

並べてみるといかがでしょうか?

重量の違いが際立った結果となりました

残念ながら、やっぱりNIKEシリーズと

重量で戦うのは無理ですね

 

一方で、重さがそこまで重要ではないことを

繰り返しお伝えしてきました

その理由を次でまとめます

クッション性<サポート性はケガ防止に繋がるのはなぜか?

ランニングシューズの役割は主に2つあります

  • 走りやすくなるため
  • ケガを防ぐため

人は裸足で走っていました

そして靴に近いものを手に入れて、ケガをしにくくなり

遠くに移動できるようになりました

そして、現代になると様々なサポート性を発明しています

 

そのうちの1つはゲルカヤノシリーズに引き継がれている

過回内|オーバープロネーションを防ぐタイプ

もう1つは、カーボンプレートの力を利用して

前に進む力をサポートします

こちらはNIKEのヴェイパーが分かりやすいですね


 

つまり、長く走るにしても、速く走るにしても

クッション性はあまり必要ありません

理由は2つあります

  • 脚の強さがあれば衝撃に耐えられる
  • 脚の力がなければ必ず過回内になる

要は、クッション性は長く走るにも、速く走るにも

適度な量があればいいのです

オーバープロネーションがすべてのケガに繋がる

過回内|オーバープロネーションは、ランニングから

生まれるほとんどのケガに繋がります

 

その理由「ランニングの成功法則」に書かれており

足首が内側に倒れこむと、自然と内またになりやすく

続いて股関節・腰の不安定さに繋がります


メモ

Kindle Unlimitedなら無料で読めておすすめです

こんな良書を無料トライアルで読むこともできます

>>Kindle Unlimitedはコチラからどうぞ

 

本来、人の足の形は、偏平足ではありません

偏平足は外反母趾などへ繋がる要因であり

遺伝する。と考えられていました

 

一方で、外反母趾を招く要因は2つあり

先の細い靴・傾斜の強い靴が原因と言われています

さらに、クッション性の強い靴は脚力に影響します

 

要は、縦と横のアーチが下がったまま

3倍の体重を支える力がないまま走ると

当然ですが、ケガに繋がると想像できると思います

ランニングシューズ以外にも問題はある

個人的にはインソールを変えるだけでは根本的な解決は

できないと考えています

なぜなら、容器を変えても、中身は変化しません

 

インソールは中身を変えること、ランニングシューズを

変えることは容器を変えることです

これはランニングの時だけではなく

普段の生活から考えておくべき、重要なことです

選んだ理由これからも走り続けたいから

ランニングのためにゲルカヤノ29を選びました

その理由は3つあります

  • ケガを防いで走り続けるため
  • 走るための脚力を鍛えるため
  • ずっと自分の脚で歩き続けるため

「ランニングシューズのことで、わざわざここまで考え

なくてもいいんじゃないの?」

と思う人が大半だと思います

 

ところが、しっかり考えた上で、走り続けるだけで

あなたは3つのメリットを受け取れます

  • 太らない
  • 精神的に強くなる
  • 学ぶ力が身につく

これはランニングについて学んだ先のメリットです

当然ですが、続けないといけません

続ける方法はとても簡単。コツコツやるだけです

まとめ|ゲルカヤノは欠点のないランニングシューズである

ランニングシューズはサポート性が重要です

7月29日に発売される、ゲルカヤノ29は

ASICSのいいとこどりの、ランニングシューズです

ケガを防ぐだけではなく、軽さも手に入れました

脚力が備わっていない初心者ランナーや

ケガに苦しくベテランランナーまで

誰にでもおすすめできるランニングシューズです

ASICS|ゲルカヤノ29はコチラからどうぞ


関連記事

2022年心拍計を買う前の疑問解決|10機種のおすすめを比較

  ランニングの成果を数値化できるハートレートセンサー 自分の心拍数を、測って残せる優れものを身につけるだけ ただ、精度が悪く、異常な心拍数が出るデメリットも   実は正しい使い方 ...

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

まにゅ

『酒さを改善する』をテーマにブログを始めました。 改善方法は実体験を元にまとめられた、誰でもできる簡単な方法です。 サブテーマは『ランニング』と『悩み解決』について更新中です。 サクッと知りたい方は、下記プロフィールをご一読下さい

-ランニング
-

© 2022 酒さから始まる、アフターライフ Powered by AFFINGER5