ランニングーおすすめー時間帯ーアイキャッチ

ランニング

すぐわかる|朝と夜、ランニングにおすすめの時間帯

2021年10月24日

スポンサーリンク

 

この記事はランニングにおすすめの時間帯は朝と夜

どちらなのか? そんな疑問に答えました

 

この記事の内容

  • ランニングにおすすめの時間帯について
  • 朝のランニングがダイエットにおすすめな理由
  • 夜のランニングはストレス発散に繋がる

 

 

この記事を書いた人

走ることが好きな、35歳の男です

日々走る中で気づいたポイントなどをまとめています

毎月100㎞を走ることを目標に設定。現在9カ月継続中

ハーフマラソンの最高タイムは1:42:42 1㎞/4:52

 

この記事の目的

  • それぞれのメリットを知る
  • 自分に合う時間帯を知る
  • ランニングの質をより上げる

 

 

 

結論|朝は習慣化に繋がり、開放感のある夜はストレス発散におすすめ

ランニングーおすすめー時間帯ー結論

ランニングは自分の都合に合わせてできる運動です

 

数ある運動の中でも、気軽に始めることができることため、ランニングの最近は人気が高まっています

 

一方で自由だからこそ、「どのタイミングで走ると効果が出やすいの? 」と疑問に思いながら走っていては、集中できず、なかなか効果を感じられません

 

そんな時は、まず「走る目的を決める」ことが重要です

 

朝か夜のどちらかを走る人が一般的のため、それぞれのメリットをリストで見比べていきましょう

 

まず朝のランニングのメリットは3つありました

  1. ダイエットに効果的
  2. 朝から頭が冴える
  3. 夜はぐっすり寝れる

 

続いて夜のランニングにもメリットは3つありました

  1. ストレス発散に繋がる
  2. 周りを気にしない
  3. 誰かと一緒に走りやすい

 

朝のランニングをまとめると、このようにも言い換えられます

 

朝のランニングは平日に走ることを考えた場合、仕事前に走ることになります

 

そのため自分を管理する能力が上がり、習慣化させるのも楽にできるため、続けていけば人生を変えていくことも可能です

 

なので痩せたい、習慣化させたい、朝早く起きたいと願うかたは、ランニングは朝にしてみましょう

 

夜のランニングは次のように言い換えられます

 

夜のランニングは暗い中を走るため、思考が自分に向きやすくなります

 

分かりやすく言い換えると、「一日の出来事を思い返し、改善点やよかった点を見つけられます」

 

マインドフルネスと似た効果もあるため、毎日をスッキリ終わらせたいかたにおすすめです

 

ランニングは朝より、夜のほうが人気が高い

ランニングーおすすめー時間帯ー夜が人気の理由

ランニングは夜のほうが人気が高い傾向にあります

 

その理由は次の3つ

  1. 仕事と私生活のバランスを取りやすい
  2. コロナ禍で夜の時間が空いた
  3. 周りを気にしない環境が気に入っている

 

少しまとめて考えてみると、次のように言えます

 

コロナ禍で仕事環境が変わり、自分につかえる時間が増えた人は多いでしょう

 

人は運動することで痩せる上に、免疫力をあげられるため、いつでもできるランニングが選ばれています

 

特に女性には嬉しいことが2つあります。それは「紫外線」「すっぴん」で走れること......

 

要するに夜のランニングには手間がかからないから、ストレス発散に繋がる。これが人気の理由です

 

RUNNET|のアンケートでは、半分が夜ランを支持

 

RUNNETという市民ランナー向けのサイトでも、夜のランニングのほうが支持されています

ランニングーおすすめー時間帯ーRUNNETデータご覧の通りその差がわずかなので、この機会に両方のメリットを知っておきましょう

 

次項では朝のランニングで得られる効果を見ていきます

 

朝ランニングは習慣化しやすい上に、3つの効果がある

ランニングーおすすめー時間帯ー朝の効果

朝のランニングについて結論でまとめたことを、ここで細かくおさらいします

 

まず「習慣化」を求めて、朝のランニングを取り入れるかたがいますが、その効果はランニング以外にも及ぶほど強力です

 

想像してみると分かりますが

  • コツコツ続けていくこと
  • 一歩ずつ走って目標を目指すこと
  • この2つは「習慣化」の基本です

 

つまりランニングを「習慣化」させることは、あなたの成長に繋がる一歩と同じです

 

ここからは朝のランニング付いてくる、3つのメリットをまとめました

 

その①|頭が冴える

 

朝のランニングは「頭が冴えます」

 

ではどのくらい冴えるのか? 気になるところなので、分かりやすい数字で見てみましょう

 

ハーバード大学の実験で具体的に理解します

ハーバード大学の疫学研究者ジェニファー・ウーヴによれば、70歳から81歳の女性、1万8766人の認知能力を分析した結果、週に12時間のウオーキングか4時間のランニングをしていた人は、記憶や知能テストで能力が衰える確率が20%低かったといいます。

引用元:ITmediaビジネスオンライン|運動する人は、なぜ頭の回転がいいのか

 

これには続きがあります

 

「1週間のうち1時間30分のウォーキングで脳の機能を保てる」と、明確に数字で出ています

 

その②|一日を通して代謝が上がる

 

朝のランニングと早起きはセットです

 

朝早く起きることは多くの人が苦手としています。そんな人ほど基礎代謝が上がることに意識を向けると、変わります

 

人は動いている時間が長いほど、代謝が上がります

 

早く痩せるには代謝をあげたほうが圧倒的に効果的なことは明白ですね

 

つまり早起きすることで痩せやすい身体を作れる。ということが分かります

 

「早起きは苦手だけど、痩せたいな」と考えている人ほど、朝のランニングをするべきです

 

その③|ぐっすり寝られる

 

朝早く起きて、ランニングをした後、一生懸命仕事をして、家に帰ってきた。そんな一日を想像してみましょう

 

充実した一日を振り返りながら、ぐっすり寝ることができますね

 

さらにもう一日同じように過ごしてみると、身体にも心にも良いサイクルが回り始めたことに気づくはずです

 

つまり明日の朝もはしりたくなり、自然と「朝のランニングが習慣化」させることを、自ら選ぶはずです


あなたが朝のランニングから受け取れる効果は、ひとまず以上となります

 

朝のランニングと同じように、あなたは夜のランニングからもメリットを受け取れます

 

夜のランニングはストレス発散しやすい。さらに3つの効果がある

ランニングーおすすめー時間帯ー夜の効果

夜のランニングはストレス発散に効果的です

 

ランニング中には一日を振り返り、良いことも悪いことも場面ごとに頭に浮かぶはずです

 

一日を振り返ることが少ないと、小さなきっかけを見逃してしまい、せっかく成長した自分を見落としてしまったりもするでしょう

 

加えて朝のランニングでわずらわしいと感じたことも、夜のランニングでは全く気にならないことがあります

 

まずその効果から見ていきましょう

 

その①|紫外線も気にしない、すっぴんでもOK

 

夜のランニングは周りの目を気にする必要はありません

 

すっぴんで走れることや、紫外線が気にならないことは、女性は特に嬉しいポイント

 

ご近所を走っても特定されにくいことや、一般的にはダサいと思われるウェアで走れることは、男性でも嬉しい効果と言えるでしょう

 

その②|仲間と走りやすい

 

仲間と走ることができるのも、夜のランニングを楽しめるポイントです

 

思った以上にランニングは孤立しやすいため、目標を立てても次第に走る時間が短くなったり、走らない日が増える。なんてこともあります

 

そんなときは誰かの支えをうまく利用して支え合うことが続けるコツです

 

その③|おもいっきり走れる

 

夜のランニングは朝よりおもいっきり走ることができます

 

その理由は3つ

  • 夜は身体がほぐれている
  • 家事が終わったあとで、自由な時間を取れる
  • 走ったあとに仕事はない

 

寝起きの朝より、一日を過ごした夜は身体も温まり、すぐ走ることが可能です

 

主婦でお子さんがいる場合は、本当に大変ですし、なにより自分の時間は取れないと思います

 

朝の支度に時間を取られた分、夜のスキマ時間にサクッと走って一日をスッキリ終えましょう


夜のランニングにはこんな効果がありました

 

次項では朝と夜に共通する注意ポイントを見ていきましょう

 

ランニングで守ってほしいポイント

ランニングーおすすめー時間帯ー注意点

ランニングを続けていくなら、必ず心がけておきたい注意ポイントがあります

 

とても簡単なことなので実践していきましょう

 

まずランニングは全身運動です

 

関節をほぐすストレッチに加えて、必ず上半身のストレッチをして走り出しましょう

 

全身のポイントは上から下まで次の通りです

  • 肩|肩甲骨
  • 股関節
  • ヒザ
  • 足首

 

ストレッチについて簡単に説明すると、各関節をゆーっくり伸ばすことがおすすめ

 

血液が体内をめぐるイメージをしながら、ゆーっくり伸びを感じながら一つずつ進めていきましょう


もう一つの注意ポイントは、走る前の水分補給と栄養補給です

 

分かりやすい解説をNIKEのページで見つけたので、引用します

汗で失った水分の補給について考えてみよう。「1時間以上トレーニングする場合は、ランニング1時間あたり700-950ml程度の水分補給が必要になります」と語るのはライアン・マシエル氏(Precision Nutritionのパフォーマンス栄養補給ヘッドコーチ)だ。この法則に従えば、15-20分ごとに約240mlの水分を補給する計算になる。だが一気に飲むのではなく少しずつ飲むこと。一気に飲むと吐き気を催したり、胃腸をこわすリスクもあるという。

引用元:NIKE|ランナーに必要な水分量

 

ランニングで水分を消費するのは汗以外に、呼吸や筋肉からもされることが分かっています

 

つまり自分が思うよりは消費することが分かりますね

 

走る前、途中、終わりには水分補給をしておきましょう

 

例としてわたしの水分補給の量をまとめてみました

 

\10㎞以上を走ることを想定しています/

水量 エネルギー補給
ランニング|前 コップ一杯|200mlくらい バナナ|一本
ランニング|途中 ドリンクボトル一本|450ml
ランニング|終わり 自販機のペットボトル|500ml 調整豆乳|250ml

 

下記ではランニングの注意点をより詳しくまとめています

 

\タップして記事を読めます/

ランニング注意点の鉄則3つ

ランニングー注意点ーアイキャッチ
朝と夜のランニングの鉄則3つ|細かい注意点もまとめました

  この記事はランニングの注意点について解説しています   この記事の内容 ランニングをする前の共通する注意点 朝と夜ごとで細かく分けた注意点 シチュエーションごとのメリット &n ...

続きを見る

 

まとめ|ランニングにおすすめの時間帯は目的に合わせて

ランニングーおすすめー時間帯ーまとめ

朝の夜のランニングごとの効果は、解説したとおりです

 

ランニングは孤立しやすいスポーツなので、心が折れそうになることもあるでしょう

 

そんな時は仲間の支えを借りたり、気が進まないときもランニングウェアに着替えて、散歩に切り替えることもOKです

 

もっと言うと、今日は休んでしまうことも選べます

 

国内には週に1回走っている人は意外にも、549万人もいるんですよ

参考元:名古屋ランニングジャーナル|日本ランナーの人口は? と聞かれたら

 

朝のランニング|メリット3つ

  1. ダイエットに効果的
  2. 朝から頭が冴える
  3. 夜はぐっすり寝れる

 

夜のランニング|メリット3つ

  1. ストレス発散に繋がる
  2. 周りを気にしない
  3. 誰かと一緒に走りやすい

 

ランニングのメリットも3つあります

  1. 簡単に始められる
  2. いつでもは走れる
  3. 数あるスポーツでもっとも経済的

 

最後までお読みいただきありがとうございました

おわり

スポンサーリンク

-ランニング
-

© 2021 mandoncom Powered by AFFINGER5