美容常識の9割はウソー要約ーアイキャッチ

酒さ

「美容常識の9割はウソ」の要約と感想を「酒さ」の元患者がまとめました

2021年5月16日

スポンサーリンク

 

この記事は「美容常識の9割はウソ」のまとめたものを

「酒さ」の元患者が解説しています

 

こんな人に読んでほしい記事です

  • 今以上にスキンケアに力を入れたい人
  • 今一つ、「酒さ」が改善しない人
  • タイトルに惹かれて読もうと思った人

 

この記事を書いた人

30歳で「酒さ」を発症、完治するまで5年間を要しました。なので試行錯誤しながら取り組んだ方法を、経験を元に解説できます

皮膚の専門書で学び「酒さ」について改めて気づいたことをまとめています

 

 

「美容常識の9割はウソ」の著者は現役の形成外科医長

美容常識の9割はウソー要約ー著者紹介

著者の落合 博子さんは、現役の形成外科医長です

 

職場は東京都目黒区にある国立病院機構東京医療センターです

 

つまり「美容常識の9割はウソ」はそんな立場の人が書いた美容知識がまとまった本と言えます

さて「形成外科医」という言葉。パッとイメージはしづらいので、具体的に何をしているのか? 書籍中の言葉を借りましょう

 

頭のてっぺんから手足の先まで、目に見える部分はすべて形成外科医で扱います。

  • 顔面骨折
  • やけど
  • アザ
  • 腫瘍
  • 先天性異常
  • 皮膚潰瘍
  • がんの切除後の再建|乳房など

あらゆる美容医療などの疾患も治療対象です

中略

自信を持って人前に出られるような機能や整容を取り戻し、社会復帰のためにお手伝いしていくのが、わたしたち形成外科医の重要な役割なのです

中略

最終的な仕上がりはよりキレイになることが求められますから、美容外科の勉強も必須です

引用元:美容常識の9割はウソ Kindle版 位置No.101~123/1640

 

下記は落合 博子さんの保有資格です

  • 日本形成外科学会専門医
  • 皮膚腫瘍外科指導専門医
  • 日本創傷外科学会専門医
  • 国際自然・森林医学認定医
  • 日本再生医療学会認定医
  • 日本抗加齢医学会専門医

 

このように専門性が前面にでているため、どことなく読み手には遠い存在に感じますが

 

読み始めから著者のスキンケアに対する柔軟な考えかたを感じ、難しい言葉でごまかさずに、わかりやすい言葉で肌について解説をしてくれます

 

誰でも「肌の仕組み」が理解できて、おまけに「スキンケアの考えかた」も身につく必読書でした

 

このような書籍に出会えるのは稀なので、是非おすすめです

 

次項ではポイントを絞って、書籍の解説をします

 

結論|「美容常識の9割はウソ」を読んだら、皮膚の仕組みを知れる

美容常識の9割はウソー要約ー肌の仕組み

「美容常識の9割はウソ」は224ページとなり、早い人は半日もあれば読むことができます

 

私は一日かけて読み終わりました

 

つまり多くの人が「1日で読めて、美容について知れる本」と言えます

 

下記に書籍内容で重要な、「美容常識」の項目をまとめました

 

  • “肌の奥まで浸透する”はあり得ない
  • 肌の最大の役割は「からだを守ること」
  • 大切なのはバリア機能
  • 化粧品選びと決別する方法
  • 無添加化粧品
  • 薬用、医薬部外品
  • オーガニック、天然成分について
  • 敏感肌用の定義
  • 光老化
  • SPF、PAについて
  • ケミカルピーリングの誤解
  • 水蒸気やスチームは逆効果
  • 美肌をつくる、ゴールデンタイムの根拠はない
  • 化粧品の、経費毒はあり得ないこと
  • 最先端のテクノロジー「再生医療の幹細胞」について
  • 合成ポリマー
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • 鉱物油が危険は昔の話
  • 界面活性剤
  • 市販のレチノール
  • ビタミンC
  • プラセンタ
  • グリセリン
  • コエンザイムQ10
  • パラベン
  • セラミド

 

ここで細かくは言えませんが、本書でしっかり説明されています

 

間違ったスキンケアと美容方法を続けていくと、皮膚には毒です

 

しかしまず知るべき内容は「皮膚の仕組み」だな。と感じたので、書籍を参考にしながら次項でまとめます

 

「美容常識の9割はウソ」のポイントを3つまとめました

美容常識の9割はウソー要約ー要点3つ

ここでは「美容常識の9割はウソ」で大切な3つのポイントをまとめます

 

基本的な内容のため、例えばこんな期待をしている人には向かない可能性は大です

 

「キレイになるための美容方法だけ知りたい」

「人がやっている以上の、美容方法を知りたい」

「絶対に他のもっといい方法がある」

 

上記のような「声」は過剰に聞こえるかもしれませんが、そこまでズレた意見とも思いません

 

美容とはなんなのか? と考えさせられるポイントでもあるので、少しお付き合いください

 

1.「肌の仕組み」知ってましたか?

 

肌は4つの層で構成されていて、角質層は外部のあらゆる刺激から体を守り、同時に内臓も守ってくれていました

 

角質層はいちばん外側にあり、私たちの目に見える肌がそれです

 

肌は4つの層で作られています

  1. 角質層|かくしつそう
  2. 顆粒層|かりゅうそう
  3. 有棘層|ゆうきょくそう
  4. 基底層|きていそう

 

聞きなれない言葉ですが、私たちが触れて目で見れるのは角質層までです。その厚みは約0.2㎜しかありません

 

角質層は「死んだ細胞」「皮脂」で作られていて、バリア機能を発揮しています

 

聞きなれたバリア機能の要素は、意外な2つの要素で作られていたことが分かりました

 

約0.2㎜しかない角質層は、健全であれば同じ厚さのプラスチック膜と同じくらい、水分を通しにくい性質があります

 

書籍ではこうも言い換えられています

角質層がバリア機能を失って何でもかんでも浸透させてしまうようになると、局所だけでなく全身が危険にさらされる可能性がある

引用元:美容常識の9割はウソ Kindle版 位置No.191/1640

 

さらにスキンケア化粧品については

外からすり込んだり、押し込んでみたり、温めてみたり、ラップしてみたりとがんばっても、バリア機能より奥深くに化粧品の成分が届くことは、そもそもないのです

引用元:美容常識の9割はウソ Kindle版 位置No.191/1640

 

要するにスキンケア化粧品を使うこと以上に大事なのは、健全なバリア機能を呼び起こす必要がある

 

正しいスキンケア方法や美容方法は、そのために使うべき。ということが理解できました

 

基本的な内容ですが、出だしから確信をついた分かりやすい説明と肌の真実が書かれています

 

これが「美容常識の9割はウソ」のSTEP01の要約です

 

大事なのは、正常なバリア機能を邪魔しないこと。化粧品を浸透させるのではなく、バリアとなる皮脂を補給するような化粧品の使い方を意識することです

引用元:美容常識の9割はウソ Kindle版 位置No.200/1640

 

2.著者がおすすめする「スキンケア方法」を具体的に知れる

 

肌の仕組みを知れば、それを作るための正しいスキンケア方法も知りたくなります

 

そのスキンケア方法を分かりやすくいうと

  • あまり肌に触らない
  • 洗顔は適度にする
  • 保湿はほどほどに

となります

具体的なスキンケア方法をまとめると、次の通りです

  • 毎日洗顔はせず、ぬるま湯でOK
  • 洗顔料ではなく、石けんを使う
  • 化粧水は使わず、保湿クリームや美容液、オイルで保湿する

 

強調したいポイントは次の2つ

  1. 洗顔料は使わない
  2. 化粧水は使わない

 

洗顔料を使わない理由は、角質層の死んだ細胞は約6週間で剥がれ落ちるという、肌の仕組みから理解できます

書籍内では毎日洗い落とすことを問題としていました

 

化粧水を使わない理由は、角質層がバリア機能を作るときの成分とは違うからです、こちらも肌の仕組みを理解すれば、納得できる内容となっていました

 

3.美容常識を真っ向から否定している書籍ではない

 

タイトルが「美容常識の9割はウソ」と銘打っているため、どうしでも否定されると考えがちです

 

しかし読んでみた感想は真逆でした

 

「現代の美容方法について、誰よりもやさしく教えてくれています」

 

例えばスキンケア化粧品の中には次のような言葉が添えれられて、並んでいます

  • 敏感肌用
  • 乾燥肌用
  • 低刺激性

 

この表示を見て多くのかたが手に取るはず、しかしその定義は知っていましたか?

 

実は敏感肌にこれといった定義はなく、そう感じているだけとなっています

よく耳にする「敏感肌」ですが、皮膚科学的には、じつは厳密な定義がありません

引用元:美容常識の9割はウソ Kindle版 位置No.368/1640

 

敏感肌用と書かれていれば、自分にも合うはず。と考えられますが、その定義は各メーカーの基準の肌テストで出された結果でしかありません

1000人に1人、100人に1人など、肌テストの基準設定もメーカーによってまちまちで、「その化粧品が合わなかった人の数がほかの商品よりも少ない=低刺激性」という単純な論理ですから、誰にとっても刺激がないと意味ではないのです

引用元:美容常識の9割はウソ Kindle版 位置No.374/1640

 

あなたが敏感肌だと感じるのであれば、本書では次のような方法をすすめています

敏感肌だと感じる人におすすめしたいのは、「できるだけ使わない」スキンケアです

中略

肌が弱いと感じるなら、同時に化粧品を何種類も使うのはやめて、シンプルなケアを心がけましょう

引用元:美容常識の9割はウソ Kindle版 位置No.382/1640

 

このように敏感肌の部分では問題定義から、解決方法までを解説してくれています

 

なにより私たちにできそうなことを、解説してくれていること。ここがポイントで本書の初めから終わりまで貫いているスタイルでもあります

 

「私たちにできそうなこと」は簡単そうで効果がないように感じます。しかし肌の仕組みを理解すれば、その効果は絶大です

もっと言うと、私たちにできそうなことは、「スキンケア化粧品を買うか買わないか」くらいのレベルです

だからその効果の度合いを知ることが大切です

 

補足|日焼け止めについての個人的な見解

 

本書籍では日焼け止めについて3つの解説をしています

  • 光老化について
  • 日焼け止めの成分について
  • 肌老化を防ぐための必須ケアについて

 

3つめの「肌老化を防ぐための必須ケア」でも結論つけられていますが、人は紫外線の影響を受けるほどに、肌が老化します

 

なので毎日かならず日焼け止めを塗ることを推奨されていました

 

なぜなら「日焼け止めを塗る」というシンプルなケアが、光老化を予防するために自分でできる唯一にして、最大のアンチエイジング法なのです

引用元:美容常識の9割はウソ Kindle版 位置No.1389/1640

 

日焼け止めの利用方法は3つでまとまります

  1. 毎日塗る
  2. 2時間ごとに塗り足す
  3. ノンケミカルの製品が良い

 

ケミカルとノンケミカルについて

簡単にまとめます

ケミカルの日焼け止めは、紫外線吸収剤が含まれた日焼止めで、紫外線が強いほど有効です

ノンケミカルの日焼け止めは、微量な金属片で紫外線を反射させます

紫外線吸収剤は化学反応を起こして、紫外線を肌まで通しませんが、その化学反応がキッカケで肌に影響を受けるかたもいて、いわゆるかぶれる症状を指します

そのためノンケミカルの日焼け止めが生まれました

金属片と言われると「肌に入り込む」と勘違いするかもしれませんが、すでに話した通り、角質層を破って入るスキンケア化粧品はなく、薬事法でも禁止されています

大事なポイントはこまめに塗ることです

 

以上が日焼け止めの簡単なまとめです


では少々個人的なことを補足していきます

 

私は日焼け止めを塗ると、肌が荒れたため考えかたを「なるべく紫外線を浴びない」方法へ切り替えることにしました

 

その要点は次の2つです

  1. なかなか合う製品がない
  2. 「酒さ」で肌が不安定だった可能性がある

 

まず日焼け止めに関して話すと

 

当時利用していた製品はこちらタップして見れます。Amazonのレビューも高評価で、とっても良さそう。しかし私には合わなかったようですね

 

なので顔を布で覆うことや、外出する際も帽子を被ったりするなど、直接紫外線が当たらない方法を選んでいます

 

肌が荒れた原因は予想がついており、「酒さ」で肌のバランスが崩れていたためです

 

次項では「酒さ」で悩んでいるかたに向けて、この書籍から学べることをまとめました

 

今すぐ読んで欲しい人は「皮膚について悩みをかかえている人」

美容常識の9割はウソー要約ー読んで欲しい人

私自身が「酒さ」で5年間も悩んだため、もしあなたが悩んでいた場合。その気持ちは誰よりもわかります

 

その5年間でいろいろ試しましたが、まず下記のように断言しましょう

 

スキンケア化粧品で「酒さ」が完治することは絶対にありません

 

スキンケア化粧品より肌の仕組みを正す方法が大事なこと、これは本書の貫いているスタイルと共通する重要な部分

 

つまり私たちが自分の意思で買うことができるのは、スキンケア化粧品のみですが、それ自体が何かを治すことはできないのです

 

それ以上に効果がある製品は、まず医師の診察が必要となります。なぜなら効能が違うからです

 

製品の効果は次の順序で弱くなります

  1. 医薬品
  2. 医薬部外品
  3. 化粧品|私たちが自由に買えるもの

 

同じ成分が配合されていても、10分の1くらいになるため、ハッキリ言えばあなたの大切な時間とお金は無駄になります

 

つまり医師の元で診察してもらい、正しい方法で処置をすることで、完治の一歩目を踏む出せます

 

要約を読んだだけでは理解できません

美容常識の9割はウソー要約ー試す

この記事では「美容常識の9割はウソ」のポイントを要約しました

 

お察しの通り、読んだから肌の状態が良くなる。そんな夢のことはありません

 

肌の改善を望むのであれば、試してみる必要があり

それは美容方法を試す場合にも一緒です

 

経過をチェックして、メモのにまとめておくとより効果的です

 

基本的な内容は書かせていただきました。今以上に美容に関しての真実が知りたいかたは、簡単に1日で読み終えてしまう内容となっています


 

\Amazonのレビューも参考にどうぞ/

タップしてレビューを読む

 

まとめ|「美容常識の9割はウソ」について

美容常識の9割はウソー要約ーまとめ

本記事をまとめて終わります

 

「美容常識の9割はウソ」で一番注目するポイントは

 

肌のバリア機能を、壊さないことを重要視しています

 

そのための正しいスキンケア方法を下記にまとめました

  1. 肌にあまり触れない
  2. 「紫外線の光老化」を防ぐために、日焼け止めを塗る
  3. 日焼け止めは2時間ごとに、塗り足す
  4. 洗顔の洗いすぎに注意
  5. 全部洗いきることの、誤解で乾燥肌になる
  6. ぬるま湯で洗い流すだけでよい
  7. 洗顔料より、石けん
  8. 皮膚は勝手に、垢となり落ちる
  9. 化粧水はいらない
  10. 保湿クリームや、オイルを使う

以上です

 

\Kindleでも書籍でも読めます/

タップしてレビューを読む

 

最後までお読みいただきありがとうございました

おわり

スポンサーリンク

-酒さ
-

© 2021 mandoncom Powered by AFFINGER5