イオウカンフルローションー酒さーアイキャッチ

酒さ

時間はかかるけど「酒さ」にはイオウカンフルローションが効く

スポンサーリンク

 

この記事はイオウカンフルローションについて、元「酒さ」患者が解説しています

 

「酒さ」で悩んでいる人ほど、読む意義があり、5分で読めます

 

この記事の内容

  • イオウカンフルローションで「酒さ」が治った人の話
  • イオウカンフルローションの効果
  • イオウカンフルローションを手に入れられる場所

 

この記事を書いた人

30歳で「酒さ」になり、その後5年経過して完治できた、元「酒さ」患者です

5年間で経験したことを、今現在「酒さ」で悩んでいる人のためにまとめています

 

Googleで「酒さ」と検索すると、多くの治療法が出てきます

 

選択肢があるのは嬉しいことですが、効果がある方法を的確に見つけるためには、あまりにも情報が少なすぎる状況にある皮膚疾患が「酒さ」です

 

その悩みを少しでも減らすために、今回はイオウカンフルローションについて知ってください

 

イオウカンフルローションを使いだしたときの、症状は次の通りです

 

あなたの症状が似ている場合、イオウカンフルローションを使用して、効果を得る可能性は高いと言えます

 

  1. 眉間、頬は真っ赤
  2. 赤い箇所の質感は、ガザガザだし、オイリー感もある
  3. 赤、白のニキビが出ている

 

酒さには4段階あるといわれており、私は2~3段階目を行き来していました

 

つまり、私と同程度かそれ以下の症状だった場合、イオウカンフルローションは効果を発揮してくれます

 

そんなイオウカンフルローションについて、まとめました

 

是非最後までお目通しください

 

 

結論|イオウカンフルローションはどんな効果があったのか?

イオウカンフルローションー酒さー効果があった

イオウカンフルローションを使用して、どんな効果があったのかを先にまとめます

 

忙しいかたはこの結論だけ読みながら、病院に向かわれても問題はないでしょう

 

なぜなら病院でイオウカンフルローションについて、詳しく教えてくれるはずだからです

 

イオウカンフルローションの効果を、具体的にまとめました

  • 皮膚が柔らかくなる
  • 殺菌効果がある

 

実はこの2つしかありません

 

しかし、「酒さ」にはめちゃめちゃ効果があります

 

なぜなら「酒さ」を発症している時は、毛細血管に異常あるからです

 

皮膚が赤い主な原因はそれです

 

毛細血管を言い換えると皮膚の「道路」に似ています。道路で車が渋滞するようになると、排気ガスも充満するし、良い空気は流れません

 

そんな不純物質が原因でニキビが止まないことも

 

いつまでたっても渋滞は続き、皮膚の新陳代謝=ターンオーバーも正常に働きません

 

最終的に健康な角質が、出来上がってこないので、外部の刺激に弱くなる状態が長引きます

 

長くなりましたが「酒さ」はそんな状態です

 

つまりイオウカンフルローションを使うことで、交通渋滞がなくなり、良いサイクルがまわりはじめます

 

すると健康な角質を作り上げる条件が整いはじめ、過剰な皮脂分泌もなくなるのです

 

イオウカンフルローションの効果をまとめると、次の通りです

  • 皮膚が軟化して、新陳代謝=ターンオーバーがスムーズに働きはじめる
  • 殺菌効果でニキビが無くなる
  • 毛細血管の働きが徐々に正常になる

 

この条件が整うと「肌の赤みが消えはじめます」

 

こんな嬉しいことはありませんよね

 

1つ補足するとイオウカンフルローションは、温泉でも親しみがあり、自然なものです

 

1977年以降使い続けれている、薬剤ですがあまり親しみがないのは、少々残念ですね

 

イオウカンフルローションの使用方法は簡単

 

イオウカンフルローションの使用方法は、実際におすすめされた方法と「東豊」のホームーページを参考にさせていただきました

 

イオウカンフルローションの具体的な使用回数は、1日2回を推奨しています

 

下記は使用方法をまとめた表です(1)

使用方法 イオウカンフルローションの利用方法
透明な上清液
イオウが混ざった混濁液

 

注意点は夜の「混濁液」を使用したときの、乾燥です

 

私はヒルロイドローションを使用後、イオウカンフルローションの「混濁液」をつけました

 

そのほうが乾燥には効果がある。と皮膚科ではおすすめされました

 

「酒さ」が治らなかったころは、上記のように使用しました

 

その後「酒さ」が治ってからは、皮膚のニキビやがさつきが気になる時に、イオウカンフルローションの上清水を使用しています

 

この上製水は、上澄み液と言い換えられ、透明な液です

 

単体に夜につける混濁液は、イオウとカンフルローションが混ざった液を指します

 

具体的な使用イメージは次の通り

  1. 5円玉くらいの、上製水を左手にとる
  2. 右手で少しずつ患部にのせる

 

補足すると手のひらに広げて、顔に押し付けるようにつけてはいけません

 

リストの文字通り「のせる」だけでOKです

 

化粧品全般に言えることですが、押し込んでも、こすりつけても、角質層以下には化粧品は浸透しません

 

重要なので分かりやすく、もう一度言います

 

一般的に買える化粧品は、角質層以下には絶対に入っていかない成分設計で作られています

 

つまり「潤っている」と感じるのは、表面に成分が残っているだけです

 

なぜなら浸透するようなものは、日本の薬事法で作ることができません。つまり禁止されています

 

そもそも浸透する製品が買えるのは、皮膚科や美容外科のみ

 

なので「そっと皮膚に乗せる程度」で、イオウカンフルローションは効果を発揮します

 

最後は話がそれましたが、イオウカンフルローションの使用方法は以上です

 

(1)イオウ・カンフルローション「東豊」

 


 

イオウカンフルローションは処方箋が必要ですが、個人的には皮膚科で相談しながら診療を進めていくほうが、早く治る上に、トラブルを減らすこともできるでしょう

 

是非ご自身に合う皮膚科を見つけてください

 

次はイオウカンフルローションで「酒さ」が良くなっていった過程を紹介します

 

イオウカンフルローションで「酒さ」が良くなった

イオウカンフルローションー酒さー良くなった

「酒さ」が発症してから5年間、数々の皮膚科に通い、多くの治療方法にめぐりあってきました

 

その中で効果のあった1つが、今回紹介しているイオウカンフルローションです

 

「酒さ」発症中の状態は前述したとおりですが、もう一度簡単にお話しすると次の通りです

  • 毛細血管の異常
  • 詰まった状態が続き、循環が悪くなる
  • 皮膚の新陳代謝=ターンオーバーが上手くいかない
  • 肌の免疫機能が落ちる
  • 赤みが続き、ニキビが止まらない、がさつきもひどい

 

これを解決できるのがイオウカンフルローションです

 

不思議なことにイオウカンフルローションは、どの皮膚科でも処方してくれるわけではありませんでした

 

7件通った皮膚科の中で、イオウカンフルローションが出てきたのは1度きりです

 

これは皮膚科の問題ではなく「酒さ」という難しい皮膚疾患が原因と考えています

 

ちょっと調べてみると分かりますが、出てきた「酒さ」の原因に共通していることは「原因がよくわかっていない」ことです

 

つまり「原因不明」の皮膚が赤くなる皮膚疾患と言えます

 

レーザー系の治療はどうなのか?

 

酒さにはレーザー治療が進められています

 

必要であれば、利用してみるのもいいかもしれません

 

しかしレーザーは何かしらの負担もかかると考えおり、その前に治るのならば使用しなくても良いのではないでしょうか?

 

料金も高額となり、誰でも受けられるわけではありません

 

なのでその前に、イオウカンフルローションを使用してみることを私はおすすめします

 


 

次は「酒さ様皮膚炎」について解説します

 

酒さ様皮膚炎にも効果がある?

 

「酒さ」と「酒さ様皮膚炎」は名前が似ているので、混同されがちです

 

つまり「同じ皮膚疾患」だと考える人が多くいます

 

加えて症状が似ていることも混同する要因ですが、発症する原因は似ていません

 

前述したように「酒さ」の原因は不明です。挙げられるのは、普通の生活に関することばかりでした

 

「酒さ様皮膚炎」の原因は、そのほとんどがステロイドの使い過ぎです

 

指示された回数、期間以上に使用頻度が増えた分「酒さ様皮膚炎」になる可能性が上がることを覚えておきましょう

 

使用条件が明確に決められていることも、ステロイドの特徴です(2)

 

過剰に使用することで「皮膚の組織自体の仕組みをぶっ壊してしまう」といった、大きな力をステロイドは持っています

 

イオウカンフルローションの効果はあるか?

 

個人的には効果はない。と考えています

 

その理由は2つ

  1. 原因が全く違う
  2. 治療方法も全く違う

 

「酒さ様皮膚炎」の原因はステロイドの使用方法を守らなかったことです。その場合は皮膚の仕組みに影響があり、症状が始まります

 

治療方法は待つしかない。と考えます

 

なぜなら、私の母親は「酒さ様皮膚炎」で3年ほど悩んでいたからです

 

皮膚の仕組みを治すことは、医療では難しいのではないでしょうか?

 

なぜなら皮膚から出てくる成分などは、美容外科や美容化粧品では補うことができないためです

 

それを裏付ける根拠があります

 

ドイツで20万部以上の売れた「皮膚の秘密」の中では、次のように言及されています(3)

  1. セラミド配合などの保湿クリームは、皮膚バリアの成分を真似て作られている
  2. これまで皮膚バリアを再現できた研究者は1人もいない
  3. 化粧品メーカーでも再現できたことはない

 

急に皮膚バリアという、聞きなれない言葉を使いました

 

皮膚バリアを簡単に説明すると「皮膚免疫機能を保つための皮脂と角質」を指します

 

またまた話がそれましたが、まとめると「酒さ様皮膚炎」にイオウカンフルローションは使わなくていいと考えます

 

(2)ステロイド外用剤の上手な使い方|くすりと健康の情報局

(3)皮膚の秘密

 

イオウカンフルローションで治る可能性は、大いにある

 

イオウカンフルローションと「酒さ」の話をもう少し続けて、次の話題に移ります

 

イオウカンフルローションが処方されたのは、1つの皮膚科のみでした

 

不思議に感じた私は、処方された「東豊」のイオウカンフルローションのラベルの効果・効能の箇所を見てみました

 

この部分を見れば、どんな症状に効果があるのか素人でも判断できます

 

そこにはざ瘡(ニキビ)、酒皶(酒さ)とちゃんと書かれていました

 

つまり他の皮膚科でもイオウカンフルローションに出会う可能性は十分ありえたはず

 

しかし1/7の確率は、少々低すぎる気がしますよね

 

処方する皮膚科が少ないと、不安に感じてしまうかもしれませんが、効果があったことは私が証明できています

 


 

ここまではイオウカンフルローションと「酒さ」が良くなる流れを解説しました

 

次はイオウカンフルローションのデメリットを解説します

 

イオウカンフルローションで悪化はする?

イオウカンフルローションー酒さー悪化する

イオウカンフルローションで「酒さ」は悪化するのでしょうか?

 

どんな製品でもデメリットがつきもの。と考えるのが一般的ですが、イオウカンフルローションにはあてはまりません

 

つまりイオウカンフルローションにはデメリットはないと言えます

 

その理由は2つあります

  1. 天然のものだから、副作用はない
  2. アレルギー検査で簡単に判断できる

 

天然のもので合わない成分は、アレルギーを持っている。と言い換えられます

 

この際に大切なことは、デメリットを探すことではありません

 

なぜならイオウが天然の成分だからです

 

つまりイオウカンフルローションを使って、アレルギーがでるかどうか? を知ることが大切です

 

簡単に試せる方法が、2つあります

 

1つめは「温泉」に入ることです

 

もっと細かく言うと、イオウが含まれている天然温泉に入ることで分かるでしょう

 

過去にイオウの天然温泉にはいり、かゆみや赤いみが出た経験があるのなら、控えたほうが良いでしょう

 

2つめは「パッチテスト」です

 

アレルギーの話をすれば、パッチテストをしてくれるはずです

 

是非やってもらいましょう

 

皮膚科との関係性は、治療にもかかわる大事な要素です。相談しつつ進めていきましょう

 

皮がむけるのは良い兆候

 

皮膚の皮がむけることは、良い兆候です

 

なぜなら古い角質が、新しい角質へ変わって行くからです。これは前述した皮膚の新陳代謝=ターンオーバーがと同義です

 

つまり健康な皮膚に近づきつつある状態を指します

 

一方で皮を自ら削るようなピーリングやクレイパックなどは、自ら皮膚を傷つけています

 

分かりやすく言うと、皮膚の新陳代謝を無視して、美肌を手に入れるために行う美容方法です

 

しかし皮膚で起こっている事実は違います

 

美肌は手に入っていない上に、外部の刺激に弱まるだけなのです

 

つまり角質層を取り除き、新し皮膚を表に出す方法と言えます

 

詳しくは別の記事で書くとして、ここで簡単に説明しましょう

 

皮膚の構造は変えられない

 

皮膚は4層で構成されています。その順番はこうです(4)

  1. 基底層|きていそう
  2. 有棘層|ゆうきょくそう
  3. 顆粒層|かりゅうそう
  4. 角質層|かくしつそう

 

最後の角質層が私たちが目で見ている「皮膚」で、それ以下にはなんの対処もできません

 

なぜなら「皮膚バリア」が外部のものをいれないからです

 

3つの層を経て育ってきた細胞が、角質層になり、それらは「死んだ細胞」と呼ばれます

 

先ほどの「皮膚バリア」は2つの要素で構成されています

  1. 死んだ細胞
  2. 皮脂

 

たったこれだけです

 

では少し話を戻します

 

先ほどのピーリングやクレイパックは、角質層の死んだ細胞をはがす行為です

 

すると中身が外部にさらされることになります

 

これが肌荒れの原因となり、刺激に弱いことで「酒さ」などの様々な皮膚疾患に繋がる原因と言えます

 

つまり元をたどれば、自分自身で皮膚を壊し、苦しんでいる。そんなことを繰り返しているのです

 

(4)美容常識の9割はウソ

 


 

ここまではイオウカンフルローションのデメリットと、皮膚の話をまとめました

 

  • もっと皮膚の仕組みや構造の話を知りたいかた
  • ご自身の皮膚を健康にするコツを知りたいかた

上記の方々には、注釈で上げた2冊の書籍をおすすめします

 

詳しくまとめましょう

  1. 単純に皮膚の仕組みと、美容常識について知れるのは美容常識の9割はウソです
  2. より深く皮膚の仕組みを知って、様々な皮膚疾患について学べるのは皮膚の秘密です

 

どちらの書籍も皮膚の仕組みを解説し、今後の美容を維持する最適な手段が分かりやすく書かれた書籍です

 

私の「酒さ」に対しての考えも、この2冊で変わりました

 

\タップして記事を読めます/

美容常識の9割はウソについて書きました

美容常識の9割はウソー要約ーアイキャッチ
「美容常識の9割はウソ」の要約と感想を「酒さ」の元患者がまとめました

  この記事は「美容常識の9割はウソ」のまとめたものを 「酒さ」の元患者が解説しています   こんな人に読んでほしい記事です 今以上にスキンケアに力を入れたい人 今一つ、「酒さ」が ...

続きを見る




 

次はイオウカンフルローションに関する質問をまとめました

 

イオウカンフルローションの効果は2週間後

イオウカンフルローションー酒さー2週間後の兆候

最後にイオウカンフルローションの、効いてくるタイミングと、あり得そうな質問に答えます

 

イオウカンフルローションは使用開始後すぐに効果が出るような製品ではありません

 

効果が出てくるまで少々時間がかかります

 

具体的な時間を感覚的に言うならば、約2週間です

 

それ以上前に感じることもあり得ますが、こんな兆候や変化を感じます

  • ニキビがなくなる
  • 皮膚が柔らかくなる
  • 赤みが弱まる

 

どの変化を見てみても「酒さ」にとって、治るための条件が整うのです

 

下記は変化と改善条件をまとめた表です

 

イオウカンフルローション使用後の変化 「酒さ」改善の条件
ニキビがなくなる 皮膚常用菌のバランスが整う
皮膚が柔らかくなる 正常な皮膚の新陳代謝が戻ってくる
赤みが弱まる 異常だった毛細血管の流れが、穏やかになる

 

この表のような環境を整える力が、イオウカンフルローションにはあります

 

そのほかにも抗生剤がありますが、その効果はイオウカンフルローションより早いため、急いでいる方でニキビを無くすことが目的の場合、ミノマイシンという抗生物質が効果があるでしょう

 

副作用がないイオウカンフルローションが一番

 

ミノマイシンやダラシンローションなどを処方されているかたは、大事なのでよく読んでください

 

私もこの2つを処方された経験があるためで、その話をしましょう

 

7件通った皮膚科の中で、ミノマイシンは2件、ダラシンローションは1件処方されました

 

どちらもそれなりに効果はありましたが、イオウカンフルローションが一番効果があり、実感もあります

 

その理由は簡単です

 

「酒さ」を改善していくには、次の3つを同時に進める必要があります

  1. 毛細血管の異常を整える
  2. 健康な角質層を作っていく
  3. 皮膚常用菌のバランスを保つ

 

この中で抗生剤を使い、効果を得られるのは3つめのみです

 

長期間使用すれば、1つめの毛細血管の異常を抑えられるかもしれません

 

しかし抗生剤を長期間服用することは、おすすめされません

 

このことからイオウカンフルローション長く使用でき、より効果が期待できると言えます

 

冷蔵庫か、常温か?

 

イオウカンフルローションの保存方法には、ちゃんと決められた方法があります

 

開封後は必ず冷蔵庫で保管してください

 

ラベルにも明記されていますし、皮膚科や薬剤師の方からも伝えられるので、間違いなく冷蔵庫で保管しましょう

 

市販か処方箋で効果は違う?

 

イオウカンフルローションは市販でも購入できます

 

例えばマツモトキヨシやAmazonなどの有名店では取扱いがあっても不思議ではありません

 

せっかちなかたは、こういったところで買ってしまいますね

 

ここで一言アドバイスをします

 

「酒さ」を治療するために使う製品は、皮膚科で用意されたものを買うべきです

 

その理由は次で解説します

 

皮膚科にはカルテがある

 

皮膚科にはあなたと同じような症状を抱え、来院し治療した人たちの情報が、たくさんあります

 

それはカルテというもので、聞き覚えもあるでしょう

 

たくさんの症例から症状や、経緯に当てはめていけば、治る確率は0から始めるより、ずっと高くなります

 

要するに経験値が多ければ、問題にも対処できるわけですね

 

一方であなたが良かれと思って取った行動は、実は見当違いのことだった。そんなケースもありえます

 

最終的にその行動が「酒さ」の悪化に繋がらなければいいのですが、判断は難しいですよね

 

面倒な皮膚疾患を患っているので、難しい判断はしないほうがトクです

 

なのでイオウカンフルローションは、皮膚科で処方してもらいましょう

 

皮膚科に行けば、あなたに合うものが見つかる可能性もあります

 

イオウカンフルローションを作る必要はない

 

イオウカンフルローションは作る必要はありません

 

1つ前の話にも共通することですが、簡単に手に入るので時間と気を使い、わざわざ作る必要はないのです

 

ご自身で化粧品を作り、使用をしているかたには、どこか不安に感じ作られるのでしょうか?

 

その不安要素の1つに、保存料が使われているか、いないのかという問題がありえます

 

一言でまとめることはできませんが、一般的な保存料について簡単に解説しましょう

 

保存料について簡単にまとめました

  • 保存料が入っている分量は、水っぽい化粧品のほうが多い
  • 保湿クリーム<美容液<乳液の順番で界面活性剤が増え、保存料も増える
  • パラベンフリーと書かれたものは、ほかの保存料が必ず入っている

 

ちなみにこの事実は先ほど紹介させて頂いた、美容常識の9割はウソにより詳しく書かれています

 

イオウカンフルローションとニキビダニ

 

イオウカンフルローションとニキビダニの話をします

 

ニキビダニとは、厳密に言えば皮膚の常在菌にあたる、顔ダニの1つです

 

皮膚の常在菌はバランスを保つことで、外部の菌や刺激に耐えられる皮膚を作ってくれています

 

そのバランスが崩れると、問題が発生しますが、ニキビダニに関してはイオウカンフルローションが効果的とされ、使用することで本来の皮膚環境が整います

 


 

ここまではイオウカンフルローションの使用例やそのほかのポイントを解説しました

 

次は記事をまとめて終わります

 

まとめ|イオウカンフルローションを試す価値はある

イオウカンフルローションー酒さー試す価値あり

「酒さ」の方はイオウカンフルローションを試していただきたいです

 

その理由は「酒さ」が厄介な皮膚疾患だからです

 

もっと言うと、毛細血管の異常・皮膚の新陳代謝=ターンオーバー・常在菌のバランスを同時に整えていくことが大切です

 

要するに1か所を治せば治る。という簡単な問題ではありません

 

一方でこれは経験上の話になるので、あなたには信じがたい話だった。かもしれません

 

なぜなら「酒さ」が改善するブログはほとんどのないからですね

 

私がブログを書く理由は、その原因を解消するためです

 

分かりやすく言えば、自分が「酒さ」を患っていた頃、こんな記事があるといいな。ということを思い描きながら書いています

 

なので今後も変化があれば書き加えていきます

 

最後までお読みいただきありがとうございました

おわり

 

 

スポンサーリンク

-酒さ
-

© 2021 mandoncom Powered by AFFINGER5