酒さの人に日焼け止めをおすすめする3つの理由|まず刺激を避けよう

酒さ

酒さの人に日焼け止めをおすすめする3つの理由|まず刺激を避けよう

2020年12月22日

スポンサーリンク

 

紫外線は避けたほうがいいと考えるのが一般的ですが

詳しい理由を知っていますか?

まずシミ・シワが増えて

ハリが無くなる理由を知っておきましょう

 

その理由は酒さの人が紫外線を避ける理由に繋がり

結果的には酒さが早く治る要因となります

 

まず理由をまとめます

元酒さ患者の私がおすすめする日焼け止めは

後述しています

 

酒さの人は日焼け止めを積極的に使おう

酒さの人が紫外線浴びると、健康な皮膚の人以上に

負担が大きい理由は、刺激に弱いためです

紫外線は皮膚の真皮と表皮のどちらにも影響を与えますが

刺激の中でも、真皮まで届く紫外線はを防ぐことは

酒さの治す上で重要です

 

個人的にも、夏に皮膚のバランスを崩していた印象が残り

冬の到来前に、どうにか落ち着かせたいと願ったものでした

 

紫外線を避けるために、日焼止め使うことは当たり前です

まずは、その理由を知っておきましょう

 

理由①皮膚は紫外線で老化する

紫外線を浴び続けると、弾性繊維が壊れます

分かりやすく言うと、皮膚の老化に繋がることです

これは誰にとっても好ましくありません

 

弾性繊維は皮膚の奥深く、真皮にあり

皮膚を支え、ハリを維持しています

 

実は、皮膚を焼かないために日焼止めを使うわけではなく

皮膚の奥を守るために使われているのです

 

皮膚の奥には真皮・毛細血管・弾性繊維などがあり

新しい皮膚を作るために働いています

つまり、紫外線を浴びすぎればターンオーバーは遅れ

結果的に刺激から、皮膚の生産工場を守れないため

酒さの治りは遅れる。と考えています

 

理由②見た目が変わる

紫外線を浴びると、メラニン反応が起きます

これは体が持つ防衛反応の1つ、過度な日焼けは禁物です

 

小麦色は健康的に見えて、魅力がますかも知れませんが

その影響を知っておくことは大切なことです

 

日焼する人ほど皮膚はシワシワになる

日焼けした肌には、健康な的なイメージもありますが

皮膚の健康状態を考えると、おすすめはできません

なぜなら、紫外線は弾性繊維に影響を与えるからです

 

壊れる過程を見ることはできません

しかし、結果的に壊れた姿を見ることはできます

日焼けした年配の人を想像してみてください

 

日焼した年配の人は、皮膚がシワシワでハリがありません

つまり、キレイでハリのある皮膚を長い間維持するためには

紫外線を避けることがおすすめです

 

日焼け文化があるヨーロッパでは年配のシワシワ率が高い

世界的に見ると、皮膚に関する美の基準は2つに分かれます

  • 小麦色の肌|ヨーロッパ圏、アメリカなど
  • 白い肌|アジア圏

 

まず外見的な話をすると

日焼した肌・小麦色の肌を富の象徴としていることは

ヨーロッパ圏の文化として深く根付いています

アジア圏では肌の白さが、美の象徴と言えるでしょう

 

一方で、内面的にはビタミンDを作るメリットがあり

骨粗鬆症や体内時計を整える効果があります

 

詳しく分かりやすい研究結果はありませんし

もちろんですが、日焼けをおすすめしません

1つの基準として参考にしてください

 

理由③酒さは皮膚が弱い状態を指す

紫外線を浴び続けていれば、皮膚は壊れていく

この事実から、酒さの人は日焼け止めを使うほうが

早く治る可能性があると考えられます

 

本来、健康的な皮膚は守る力をもっていますが

限りなく弱い状態が、酒さの人の皮膚です

そのため、まずは日焼け止めを使うことをおすすめします

 

酒さの人は刺激の少ない日焼け止めを使おう

酒さの人におすすめする日焼け止めは

刺激が少ないけど、しっかり紫外線を防げる製品です

 

SPF・紫外線吸収剤・PAなどを元にした

日焼け止めを選ぶ基準を解説します

 

紫外線吸収剤フリー・ノンケミカルが人気の理由

日焼け止めには、成分の違いがあります

  • 紫外線吸収剤あり
  • 紫外線吸収剤なし

要は、紫外線吸収剤フリーやノンケミカルは

後者の紫外線吸収剤なしに分けられ、皮膚への刺激が少ない

ことが理由で選ばれています

 

紫外線吸収剤の仕組みも知っておこう

紫外線吸収剤なしの日焼け止めを選んでいる人は

皮膚のかぶれや、かゆみを起こしたからでしょうか?

 

熱を吸収して化学変化を起こしたとき、人により影響が

出ますが、紫外線吸収剤は決して悪者とは言い切れません

 

日焼け止めを選ぶ基準はSPFだけではない

日焼け止め選びは、次の表示が参考になります

  • SPF|UB-A
  • PA+|UV-B

 

SPFは1~50までの中で、数字が大きくなるほど

皮膚が赤くなる紫外線を防ぐ能力が上がります

 

PAのあとに続く+の数が多いほど

皮膚の奥まで届き、弾性繊維に影響を与えるUV-Aを防ぐ

能力の高さを表しています

 

結論をいうと、数値の差は重要ではありません

人は数字に弱いため、高い数値はいいものだと思います

繰り返しますが、あまり意味はないとされています

 

SPFの防御率と数値の関連性を見てみましょう

SPF15 SPF30 SPF45 SPF50
紫外線防御率 93.3% 96.7% 97.8% 98%

参考元:“SPFは高いほど効果がある”は思い込み|美容常識の9割はウソ

SPF15と50の差は、4.7%です

個人的には、SPF30で問題はないと考えています

 

1つ補足しておくと、防御レベルを上げるには

当然成分量が増えることになります

できるだけ刺激を避けることを考えた場合

防御レベルはそれほど重要ではありません

 

2時間毎の塗り足しがおすすめ

SPF値は日焼け止め選びの基準とされています

一方で、数字の大きさは防御レベルに関わるかというと

そうではないことが分かりました

 

日焼止めの効果を上げるには、塗り足しが重要です

こまめに塗ることを書籍や、Web記事でも紹介されており

2時間毎に塗り足しをおすすめしています

 

逆に言うと、それまでは効果を発揮できることになるため

1回でたっぷり塗る必要はないと考えています

こまめに塗ることで皮膚への盈虚を減らせるはずです

 

かゆみ・かぶれを起こしたら一旦ストップしよう

紫外線吸収剤が入っている日焼け止めで、かゆみやかぶれが

出る理由は、化学変化です

熱を吸収することで起きる変化は、人により影響がでますが

強い紫外線には効果があります

 

特に4~8月は皮膚が赤くなりやすい、UV-Aが多くなります

この期間はレジャー紫外線と呼ばれ、野外にいるほど

紫外線の影響を受けやすくなります

なので、4~8月に外で長く過ごすなら、紫外線吸収剤入りの

日焼け止めを選ぶと良いでしょう

 

いずれにしても、酒さの人は紫外線の影響を受けやすいため

外にいる時間を減らすことも効果的です

 

酒さ経験者のおすすめ日焼け止めは「Curel UVエッセンス」

最後に私が使っている日焼け止めを紹介します

Curel UVエッセンスの選んだポイントは2つあります

  • 伸びがいい
  • 簡単に洗い落とせる

SPFは30、PAは+が2つと

決して強い防御レベルがあるわけではありません

繰り返しますが、日焼け止めは塗り足しが重要です

 

数値を基準に選ぶ必要はなく

手軽に塗れて、負担の少ない製品を選ぶべきだと思います

結果的には皮膚への刺激を簡単に減らすことができるため

誰でもメリットを感じられるでしょう

 

ポイントをもう少し深く言うと

  • 伸びが悪い日焼止めは、自然とこする回数が増える
  • 手のひらで伸ばして顔を抑えるだけでつけられる
  • 洗顔で簡単に落とせる

すでにご存じかも知れませんが

皮膚をこすることはNGとされています

要は、手早くつかえて、簡単に落ちる日焼け止めは

酒さの人におすすめです


ノンケミカル・紫外線吸収剤フリーの日焼け止めはどんな材料で作られているのか?

紫外線吸収剤フリーの日焼け止めは

散乱材と呼ばれる成分を使っています

 

紫外線や光を反射させる特徴をもつ、金属由来の成分

を使っており、物理的な方法で紫外線を逃がすため

かぶれやかゆみが起きにくい製品となります

 

皮膚に入りこむことはない。根拠のない話はしっかり調べておこう

皮膚に金属由来の成分を塗。これだけでイメージが悪く

皮膚に入りこむような想像をしていませんか?

結論を言うと、入りこむことはないので安心してください

 

そもそも皮膚は外部からの侵入を防ぐ役割を担い

最大の臓器と呼ばれています

もっとも、こんな話は魅力的には聞こえません

より簡単に、もっとキレイに。これが世の流れです

 

一方で、酒さの人は流されないことが大事です

経験上そちら側に答えはありませんでした

真実はあまり面白くないものですが、酒さの人には

魅力的な話になるはずです

 

真皮の弾性繊維の話や、毛細血管が栄養を運び

皮膚の生産工場になっている。という話は1冊の本の影響

受けています

 

効果的なスキンケア方法を最短で見つけるには

まず、皮膚の仕組みを知ることが重要です

美肌の作り方は、たった1冊で分かります

美容常識の9割はウソの要約
「美容常識の9割はウソ」の要約と感想を「酒さ」の元患者がまとめました

  新たな常識は、本を読むだけで身につきます ノウハウはすぐ身につきませんが 元来備わっている、体の機能を取り戻すことは簡単です   美肌はあなたの体が作ります 逆に機能を壊し、肌 ...

続きを見る

 

まとめ

紫外線は表皮と真皮に影響を与えます

4~8月は皮膚が赤くなるUV-Aが強くなるため

皮膚への影響がなければ、SPF値が低くて紫外線吸収剤入り

の日焼け止めがおすすめです

真皮まで届くUV-Bは、手軽に塗れる紫外線吸収剤フリーの

日焼止めで十分でしょう

酒さを治すには、刺激から守りつつ、皮膚を作る環境を

取り戻す必要があるため、忘れずに日焼止めを使うことは

とても重要です

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

まにゅ

『酒さを改善する』をテーマにブログを始めました。 改善方法は実体験を元にまとめられた、誰でもできる簡単な方法です。 サブテーマは『ランニング』と『悩み解決』について更新中です。 サクッと知りたい方は、下記プロフィールをご一読下さい

-酒さ
-,

© 2022 酒さから始まる、アフターライフ Powered by AFFINGER5