ランニング

なぜ、インターバル走をするのか?|一番速く走れる感覚を掴もう

スポンサーリンク

ランニングに慣れてくると、ただ走るだけでは

満足しない体になった人もいるでしょう

 

別の言い方をすれば、より速く走れるようになりたい

と願うようになった。と言えます

 

多くの人が、インターバル走を取り入れますが

なぜ、取り入れるのでしょうか?

 

今回は実際に走った感想と、データを用意しました

走るのがマンネリ化した人はトライするチャンスです

余った体力を有意義に使ってみましょう

 

インターバル走は速く走ることを感覚的に掴める

いつものランニングに飽きたら

インターバル走をやってみましょう

 

飽きる=マンネリ化と考えれば

新たな刺激で、ランニングに対する

向き合い方は変わります

 

インターバル走はペースの強弱をつけて

体がスピードを生む力を養う練習方法です

 

限界ギリギリの速度は、体と記憶に刻まれて

「これくらいの距離なら

これくらいの速さで走れるのか」

このように、自分の走力を体と頭で理解できます

 

理解を深めるために、是非データを活用してください

 

その一方で、ケガをしやすい練習方法ということを

忘れないでください

負荷の大きいことが、主な理由です

 

長くなりましたが、本題に入ります

今回のインターバル走の内容は下記の通りです

ウォームアップ|3.22㎞

┗5:22~6:00のジョギング

200m|3:58以上

200m|歩いて呼吸を整える

┗これを12回繰り返す

クールダウン|5分

┗5:00~5:36のジョギング

 

早速データを見てみましょう

 

200'm×12 インターバル走の結果はこちら

 

最高と最低を見比べてみる

今回のインターバル走は、ポイントが2つあります

  • どれくらい速く走れたか?
  • 何回速く走れたか?

 

また、速く走れた理由も知りたいところです

そのため、データと記憶をすり合わせましょう

 

なぜなら、同じことをもう一度やるためです

再現性が高いことは、簡単にできることです

 

最高ラップは8回目

最低ラップは24回目でした

 

徐々に遅くなっていくのは当然

 

回数を重ねれば、人は必ず疲れます

負荷に対する対応力が低下していくこと

と考えてみましょう

 

その対応力を伸ばす1つの方法が

今回行ったインターバル走でした

 

その目的は、糖をエネルギーに変える時に生まれる

ゴミを処理する能力を上げるためです

 

乳酸とは、エネルギーを作って生まれたゴミです

30分くらいすると、自然と無くなる

筋肉痛の原因ではない

この2つは、新たに知った乳酸の事実です

参考元:乳酸の基本 -乳酸は悪者なのか?-|乳酸測定活用サイト

 

乳酸は悪いイメージがついていますが

たとえば、心臓やミトコンドリアのエネルギーとなり

速筋がエネルギーを生んだゴミは、実は遅筋の好物

だったと考えると、決して悪い存在ではありません

 

とはいえ、ゴミ処理能力が高ければ

速く長く動くことはできます

そのため、インターバル走は意義のある練習方法だと

改めて理解しました

 

平均値は170spm/151㎝

各平均値は下記の通りです

平均値
心拍数 145bpm
ピッチ 170spm
ストライド 151cm

 

ピッチの黄金比は180と呼ばれており

世界レベルは、それ以上のピッチで走ります

その時のストライドは、身長を軽く超えます

 

僕の身長は193㎝です

151㎝は80%に届かない程度ですね

ピッチはそれなりに高いほうだと感じました

 

インターバル走の感想3つ|意義を深めるために振り返ろう

今回走ったデータを振り返り、感想をまとめます

 

  • インターバル走は、ただ速く走ればいいわけではない
  • データをみると、原因を掴める
  • 記録はすぐ見ないと、感覚と照らし合わせが難しい

 

1,2つめは誰でも知ることができますが

3つめこそ重要です

 

走ったデータはすぐ振り返ろう

遠い記憶ほど思い出すことは難しく

今さっきのことは、細かく思い出せます

 

たとえば、交通事故の目撃者情報は貴重です

ランニングのデータも同じです

 

データは結果と考えてください

感覚と記憶を使って、解き明かしましょう

 

ゴールにたどり着けるのは、あなただけです

 

要は、結果は自分で考えないと伸びません

超優秀なコーチについてもらっても

自分に真面目ではないなら、無駄です

 

走り終わったら、データと記憶をすり合わせましょう

また、キッカケを掴むのは、自分事にした時だけ

「夢中」は続くという概念を超えます

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

まにゅ

『酒さを改善する』をテーマにブログを始めました。 改善方法は実体験を元にまとめられた、誰でもできる簡単な方法です。 サブテーマは『ランニング』と『悩み解決』について更新中です。 サクッと知りたい方は、下記プロフィールをご一読下さい

-ランニング
-

© 2022 酒さから始まる、アフターライフ Powered by AFFINGER5